「ブエノスアイレスの風」

続いては!

 

大好きなありちゃん主演の

ブエノスアイレスの風」を観に行ったお話!

 

これはね、配信ではなくちゃんと劇場で観ました。

贔屓以外では基本的に遠征しない人間なのですが、

5月は東京で真彩さんのファンミがありましたのでね。

青年館へも足を伸ばして参りました☆

 

いやーほんと、観劇して大正解☆

想像以上に素敵な作品でございました!

 

 

ブエノスアイレスの風』
-光と影の狭間を吹き抜けてゆく…-


作・演出/正塚 晴彦
紫吹淳主演で1998年に初演、柚希礼音主演で2008年に上演され、

いずれも好評を博した作品の待望の再演。
1900年代半ばのブエノスアイレス

反政府ゲリラのリーダーで政治犯として囚われていたニコラスが、特赦により7年振りに釈放される。

軍事政権が倒れ、民主制となった祖国で新たな人生を歩み始めたニコラスは、

ダンスの才能を買われ、タンゴ酒場の花形ダンサーであるイサベラのパートナーとして

雇われることとなるが、そこへかつての仲間リカルドが現れ…。
新たな生き方を模索する男の姿を通し、人生の意味を問いかける物語を、

ドラマティックなタンゴを随所に盛り込んでお届け致します。

 

主演:暁 千星 

 

日本青年館ホール:2022年5月3日(火) - 5月10日(火)

シアタードラマシティ:2022年5月18日(水) - 5月26日(木)

 

月組公演 『ブエノスアイレスの風』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

初演も再演も映像も未見ではありましたが、

初演時代の月組への思い入れが強い(強すぎる)ので

「初演を見てない初演の亡霊」

という新しい生物になり果てました……

 

 

 

まずですね、幕間の感想はもう

 

「ありちゃんかぁっこいぃぃぃぃっっ!!」

 

でしたね笑

 

1幕前半のゲリラとか軍事政権とかの説明の場面の

ダンスシーンがあまりにもかっこよくて

雄叫び上げて立ち上がりたいくらいでした……

 

そしてこれをリカ様(初演ニコラスの紫吹さん)が

やったのかと思うと想像だけでかっこよすぎて萌え死にました……

 

 

そして終演後には

「よかった…とてもよかった…
想像以上に好きな作品だった…」

ってしみじみ思いました。


「ありちゃん」もかっこよかったけど、

それ以上に「ニコラス」がかっこよかった。

 


こ、これをリカさまが……?

それはさぞやかっこよかろうて…bot(長)が爆誕しました笑

 

 

なんていうか、どこがって言われると

自分でもまったくわからないんだけど、

ありちゃんには時折ゆうひさん(大空)ぽさとか

まみちゃん(真琴)ぽさをほんのり感じることがあって

つまりそれは結局

私の好きな男役さんのタイプ

ってことなんでしょうね笑

 

 

昨年同じ正塚先生の「バロンの末裔」が再演された時に

「もっと暗いお話かと思ってたら案外明るい場面もあった」

的な感想が散見されたんですけど(笑)

実は私もこの作品に同じこと思っちゃいました。

案外笑いの起きる場面も多いんですね。

リカルドとリリアナの「乾杯!」とか最高に好きな場面です。

 

あと面白かったのはあみちゃんのマルセーロとバーテンさんね。

ってか、あのマルセーロ!

初演タニちゃん(大和)なんでしょ?

いきがったタニちゃんとか絶対面白いやつじゃん!笑

 

 

 

さてさて。

 

とにもかくにもまずは

ニコラス役のありちゃん(暁)!

 

いやー大変かっこよかったですね!

元々のダンス力に加えて歌も本当にお上手になったし

芝居もまたよかったの!

そしてビジュアルも最高によかったの!

 

まずお衣装がどれもこれも素敵で似合ってて

着こなしや動きのひとつひとつが洗練されていて

あぁこれが男役として10年積み上げて来たものなんだなぁって

心から感心しちゃいました。

 

カフェのボーイさん?バーテンさん?風なお衣装が

もうときめくレベルで最高にかっこよかった!
その後すぐにダンサーになっちゃうから

あのお衣装最初だけなんだよね。もったいない!
あーでも青のスーツも黒のスーツも

もちろん革ジャン風なのも緑っぽいスーツも

どれもさり気なくお洒落で似合ってましたね。

 

そういえば、ツイレポに

「ありちゃんの開襟」て文字がいっぱい並んでたのに

まったくチェックし忘れてたね……
自分の節穴っぷりにびっくりよね……

 

 

あとね、正塚先生の描く世界観

先生がそのお役に与える台詞たち

ありちゃんの相性がものすごくよかった。

と、私は思う。

 

ニコラスっていうキャラクターの持つ

リーダー感もすごくありちゃんに合ってたんだと思う。

革命軍を率いて軍事政府と戦っていたにしては

強さよりも優しさや器の大きさをより感じさせて

しかもそこはかとなく滲み出る賢さ

でもやっぱり内面には熱いものを持っていて、

生きる意味や目的を模索しているような姿も合う。

 

それでいてタンゴダンサーとしてダンスの見せ場も存分にあるんだから

ありちゃんにこの作品を、っていうのも納得。

 

安宿のフロントでひょいっと鍵を取ったり

眩しそうに空を見上げたり

風に吹かれたり…そんなひとつひとつが

とてもかっこよくって大好きだった!

 

でもこれら全て

「これをリカさまが……?(絶対かっこいいやろ)」

と思ってしまうので、

実はこの作品はハリーによる

「こんなリカさま見てみたい」の詰め合わせだったのかもしれない笑

 

 

イサベラ役のじゅりちゃん(天紫)は、

ヒロインとか相手役っていうよりは

ダンスパートナーっていう印象だったかな。

 

今回は歌がなくて残念だったけれど

ダンスもお芝居も上手で手堅く演じてたように思います。

 



ニコラスとイサベラの間のやり取りはどこも好きだった。


イサベラがそれ(オーディションを受けること)は

私のためなのかと問うた時に、

断る理由がないしそれがお前のためになるのならそれでいい、

みたいに返すやりとりとか

 

目的を遂げたい時にはその理由を思い出せ、

ってニコラスに言われたイサベラが

「踊りたいから、踊ることが好きだから踊る」って

改めて意識するあたりとか

 

なんかもういかにも正塚作品だし、

そんなニコラスがめちゃめちゃかっこよかったんですよね。

 

元々彼自身がダンサーになりたかったわけじゃなく

イサベラのオーディションのパートナーを依頼されて

そこが自分の本来の居場所ではないと思いつつも

それが見つかるまでは、と引き受けるニコラスの、

運命に逆らわず流れに身を任せ、それこそ風に吹かれて

でもちゃんと自分の在るべき場所を模索し続けるところが

本当にかっこいいし

「ただ生きていること

がどれだけ幸せなことか」

をちゃんとわかってる人なんだと思う。

そんなとこもかっこいい。



雨の中のイサベラとの場面

約束は破ってしまったけれど

それをちゃんと謝る姿は真摯で誠実だし、

何があったのかを話しながら想いが溢れて

悔しさに打ちのめされている彼を

イサベラがそっと包む一連がとてもよかった。

 

正塚作品は本当にさり気なく

必要以上の盛り上げ方をせずに感情に波を立てる。

 

兄に何が起きたのかをリリアナに問われても

ニコラスはそれに答えることは出来なくて、

そういうことなのかと問われて肯定するのみなんだけど、

雨の中出会ったイサベラの前で初めてそれを口にして

その瞬間から悔しさや自責の念が溢れ出してしまうところも好き。

 

イサベラが目の前のニコラスを包んであげたくなるのがすごくわかるし、

多分客席総イサベラ化してたと思う。


ただこれ、属性ワンコのありちゃんだから

ほんと「雨の中で震える子犬」的な愛おしさがあったけど、

リカさまだとどうだったんだろうなぁ。

全然持ち味違うもんなぁ。

 

(って思ってたらリカさまファンの方から

「大色気放出場面だった」と聞いて

ますます紫吹ニコラス見たくなったので

スカステさま初演の放送待ってます!)

 

 

 

ところで、ですよ。


組んで踊ってる最中にニコラスが思わずイサベラに

キスしそうになるのはあれは一体どんな感情からなんだろうか?

本当にただ「思わず」なのかな?

あの描写をわざわざ入れるのにはどんな意味があるんだろう?
一定の距離は置きながらも、

異性としての魅力を全く感じてないわけでもない、的な?

 

 

ちなみにあの雨の夜には私はあの2人は一線を越えたと思っていて、

でもだからと言ってそこから恋人同士になるかと言ったら

そうでもないんじゃないかと。
独特の空気の変化はあったにしても。
ずっとずっと長い先の話ならまたわからないけど。

 

もし軍事政権がなかったなら……
ニコラスは大学で法律を学んで立派な弁護士になって

エバと結婚していたんだろうか。
そうしたらきっとエバは悩むことなく教師を続けていただろうな。
でもそれだとイサベラの人生には光が射さなかったのかもしれないな。

 

 

 

あみちゃん(彩海)演じるマルセーロ

イサベラに因縁付けてくるところとか、

これタニミエ(大和西條)だったってことか…最高じゃん…って、

また初演厨みたいなこと思っちゃった。

(注:初演観てません)

 


あみちゃんマルセーロはとてもよかった!です!

さすがに蹴られすぎて笑っちゃったけどね。

最初の蹴りは床蹴って音出してるけど、

後半上手袖に追い出すあたりは多分本当に軽く蹴り入れてるよね?

蹴る側も蹴られる側も上手くないとだよね、あれ。

 

中途半端なチンピラのマルセーロがこれ以上ヤバい方向に進まないように

痛い目に遭わせてるのはニコラスの優しさだと思うけど、

そんな優しさと、でもやっぱり使う手段が荒っぽいところと、

どの程度痛め付けたらどの程度の怪我をするのかわかってて

ギリギリのラインを攻めて行ってるあたり、

「さすが元革命軍のリーダー」って思わせる効果もあって巧い。

 

でまた、これがあって後半のマルセーロの

「俺はヤバい奴には手を出さないようにしてるんだ」みたいな台詞が

「あーこいつ、ちゃんと学んだんだな」って思わせて

可愛くて笑っちゃうんだよね。

(ねぇこれが初演タニちゃんとか宛書すぎて笑えるんだけど)

 

 

あ、あとね。

リカルドが武器商人を前にしてリリアナのことを妹だって

聞いた時のあみマルセーロの驚きかたもよかったね!

ほんとマルセーロ愛すべきキャラだった!

武器商人さんの「とんでもねぇヤツだな!」みたいなのに

めっちゃ深く同意してたもんね。

 

あみちゃんの月組での最初のお役がマルセーロでよかった!

1作だけどありちゃんと

同じ作品に出てくれて嬉しかった!

 

 

 

おだちん(風間)のリカルドを見てて、

これ初演樹里ぴょんとかほんとわかりみしかないなって思った。

リカさまと樹里ぴょんはさ、

ベルナルドとアニータの翌年にニコラスとリカルドだったってことでしょ?

すごくない?


で、このリカルドっていうお役。

妹が大切なのはもちろんなんだけど、

ニコラスのことも大好きだよねきっと。

どこかでずっと憧れてたんだろうな。

 

おだちんはやっぱりさぁ…

隅から隅まで上手いよねぇ。

ありちゃんの月組最後の作品で、

こんなにたっぷりのありおだを見せてくれて感謝しかない!

 

武器商人・れんこんさん(蓮)との

やり取りの場面なんて2人ともが最上級に上手くて

なんか…やっぱり…月組ってすごいな……って

変な納得をしてしまったり。

 

(まぁでもれんこんさんはもう少し大きなお役で

観たかったですけどね)

 

 

 

リカルドは、ニコラスがどれだけ説いても折れなかったのに

「リリアナの将来」って話にはやっぱり揺らぐんだよね。

自分と一緒にいたい一心であの子が悪事に手を染めていくこと、

実は気付いてたことを正面から指摘されるから。

あそこのニコリカのやり取りすごく好き。

 

 

全然方向性は違うんだけど、

例えばチャリティーとかボランティアとかそういった慈善活動を

熱心に一緒にやってた仲間がいたとして。

そしてその活動が志半ばで強制終了されたとして。


活動が出来ない間にもうそれをする必要はなくなっていて、

でもそれはいいことなんだからと受け入れて

また違う新しい人生を歩いて行こうって人と、

また活動出来る日がやってきた!もちろんまたやるだろう?

って人との間にはどうやっても越えられない壁があるよね。


半端に終わったまま燻っている人ともう活動に意味を見出せない人。


当時の熱量や想いは間違いなく一緒だったとしても

きっともう同志として生きていくことは出来ない。難しいね。

 

生き残った革命家が、

これからは何のために生きていったら…?ってなるの、
どこか新撰組や薩摩の侍たちのようだな、なんてことも思ったり。

考えてみれば彼らもまた目指す場所を違えて別々の道を辿ったんだったね。

 

 

 

話を戻しまして

(すぐに脱線するのが僕の悪い癖で)

(↑「相棒」に薫ちゃんが帰ってくる記念)

 

 


リリアナ役のまのんちゃん(花妃)は、

可愛くて上手ですごくよかったんだけど、

あのほんわか可愛らしさとあの特徴的なお声だと

今後大分役を選ぶのでは?という要らぬ心配など。


学年が上がるに連れて大人っぽいのも守備範囲に入ってくるといいね。

 

ねぇあとさ、子供の頃からずっと大好きで

会うとドキドキしちゃうかっこいい人に

「今日からは俺が兄貴だ」とか言われても

無理じゃない?え?私は無理

 

 

リリアナが兄ちゃんに私もやるって言った時に

「ここでわかりやすい悲劇作るならリリアナが死んじゃうよなぁ」

なんて思ったんだけど、でもその直後に

「でも正塚先生はそれはしないんだよなぁ…」

みたいなことも思ったりしました笑

 

 

 

エバはさ、これはもう

こもさん(初演の美原さん)宛書よね。

わかるわ。

学校の先生っぽいしリカ様の元カノっぽいもん。


みかこちゃん(羽音)は穏やかながらも

きちんと芯の強さは持ってるエバで素敵。

 


ビセンテさんのぱるくん(礼華)は、

どんなお役なんだろうと思ってたけど

ただの嫌なやつじゃなくて最後には話のわかる男でよかった!

ここ本当にこの話の救い!

 

まぁでもお前が変に勘ぐったりしなければ

リカルド死ななかったんじゃん?とも思うんだけど。

 

あとさ、これ結構Twitterでも言及されてたけど、

ビセンテエバのカフェの場面での、

(店員さんがこぼしちゃったから)

とりあえず1人分しかない紅茶を

エバビセンテ側に先に置いた後の

何のためらいもなく自分が先に飲むビセンテ

こんな何気ない設定1つにその人物のキャラが

滲み出るから面白いよね。

(せめて礼を言ってから飲め)

 

 

あと、ここのカフェの場面で

お客さんとしているなつこさん(夏月)がまた

本当にいそうな客の空気を出しつつ

それでいて真ん中を邪魔するわけでもなく

本当に上手いのよね。

 

お店での遠くからそっとイサベラのことを見守ってる感じも

素敵なんだよね。

 

あと、1場面だったけどイサベラのお母さんもなつこさんですよね?

いやーもう本当に上手い。

それぞれのお役としての佇まい方がとても好き。

(次公演でご卒業とのこと。寂しい限りです)

 

 

同じく出番としては少なかったけれど、

イサベラの姉役の清華 蘭ちゃんもよかった!

 

あと、上にも書いたバーテン役の彩路ゆりかくん!

彼の醸し出す味も可笑しみがあって好きだなー!

 

 

さすがだったのはロレンソ役のりんきらさん(凛城)!
現実見えてる感と人間的な温かさのバランスが絶妙。

オーディションを受けられなかったイサベラを気遣って

ご飯でも?って声掛けるあたりの優しさとかさ。素敵。

 

そういえば初演のロレンソさんて誰だったんだろう?って調べて、
美郷真也さんんんんん最高おおおぉぉぉってなった笑

 

 

はーちゃん(晴音)はね、

そりゃシビさんほどの深みを出すのは難しいかもだけど、

フローラはあみちゃんの母親役なんだから

雰囲気的にはバッチリだったと思う。

 

ただ私が観た回は1幕も2幕も歌中の

多分同じとこで歌声がよれっとしてしまって

ここは技術的な問題だから頑張ってほしかった!

 

なんて思いながら観た次の回では

(あ、そうそう複数回観たんですよ実はえへへ)

幕開きのはーちゃんのお歌がその前観た回より断然よかったので

私が最初に観た回があまり調子がよろしくなかったのかな?

(そんなはーちゃんも次で最後とか…えーん寂しい)

 

 

 

そういえば配役に納得いかなかった

ゆいちゃん(結愛)ですが、

踊ってる姿はとても美しかったし

娘役群舞はセンターだったりれんこんさんとペアだったり

管理人の娘ではほんの少しだけどありちゃんと2人の絡みもあり、

多少納得しました…

 

けども……

はぁぁぁこれでありゆいも見納めかぁぁぁぁ寂しい!

ってのが本音でございます!!!泣

 

 

 

観劇からしばらく時間が経っても尚、
「かすり傷だって言ったじゃんニコラス!」
「こんなとこで死ぬわけにいかないって言ったじゃんリカルド!」
「なんてドジしてくれたんだよマルセーロ!」
って思ってなんか悔して泣きたくなってきたりしたので

私はこの作品かなり気に入ったっぽいですね。笑




♪ビエント〜デ〜ブエノスアイレス
っていう主題歌もずっと頭の中で回り続けるしね。


芝居中に歌がほとんどない作品だけどこの主題歌は本当に素敵。

 

 

 

さてさて。

フィナーレナンバーですが。

ほぼ初演の通りだそうですね。

 

風間リカルド×花妃リリアナ

礼華ビセンテ×羽音エバ

そして、彩海マルセーロ×天紫イサベラ

この3組で繰り広げられるタンゴには

それぞれのお役への感情が溢れて

エモエモなテンションになってしまった。

 

 

居並ぶ男役さんを率いた青いスーツのありちゃんの脚上げ

それはもう見事な上がりよう&かっこよさ

遠征から帰宅してすぐに初日映像で確認してしまった。

そのくらいよかった。

きっと初演再演のかっこよさを出したいって本人も思ってたんじゃないかな。

大丈夫!かっこよかったよ!

 

暁ニコラスを囲んで踊る

イサベラ・エバ・リリアナ、っていう構図は

確か芝居中にもあったと思うけど

フィナーレナンバーの中にもあって

3人が3人とも持ち味が違って素敵だったし

その3人の真ん中にいるありちゃんが

とてつもなくかっこよかった!

 

あとね、はーちゃんの黒ドレスが素敵だった。

周りの色味とちょっとだけ違う感じがして。


りんきらさんとなつこさんが組んで踊ってるのも

大人な組み合わせで素敵だった。
専科さんに行くとなかなかダンスを見られなくなっちゃうから

ファンの方も嬉しかったんじゃなかろうか?

 

 

そうそう。

フィナーレ立ち位置は初演の配役の通り!って聞いてて

まぁそうなんだろうなぁとは思うんですけど

それであの、武器商人役のれんこんさんが

男役群舞のセンターで踊ってたんですけど、

武器商人役のゆうひさんもセンターで踊ったりしてたんです?

それはやっぱりしてないんです?やっぱり?(失礼w)

 

 

最後に出演者たちが出て来て

みんなそれぞれありちゃんと絡んでいく演出は

ただでさえ泣きそうになってしまうから

やっぱり楽公演を映像に残してもらいたかったなぁなんて思う。

 

本当にみんなが順番にありちゃんにアピールしてて、

みんないい表情してたんだよねー!

とっても良い演出でした!

 

 

 

最近はあまり新作もないけれど、

「銀の狼」「WANTED」「ハードボイルドエッグ」「バロンの末裔」あたり

正塚作品は私にとっては思い入れの強いものばかりで。

メラコリやBJも大好きだし。

(まさかのれいこちゃんでBJ再演とは驚き!)

あとはちゃぴちゃんはルパンのカーラが実は大好きだった。

さよならショーで歌ってくれてちゃぴちゃんも好きだったんだなって嬉しかった。

またいろんな名作が再演されるといいなぁ。

 

 

ありちゃんの主演作といえば

「Arkadia」は3列目くらいで観たんですよ。
あの時はひかりふるの大劇場遠征合わせのバウ観劇で。

 

こんな小さな劇場で主役するありちゃんを見るの最後かな?

次はもっと大きな劇場かな?なんて当時思ったけど

あれから5年も経ったんだなぁ…

ありちゃんのことは初舞台の時から応援してたけど、

やっぱりきほちゃんがトップになってからは

他の組を観に行く余裕なんてなかなかなかったから、

これからはなるべく観ていけたらいいなぁ…

なんてことも思いました。

 

お次は星組デビューの全国ツアー公演ですね。

行けるかなぁ…行けるといいなぁ…

 

 

 

最後は作品じゃなくてありちゃん語りになっちゃいましたけど、

以上、ブエノスアイレスの風」についてでした☆

 

お次は『hitaruのひととき 〜魅惑のミュージカルナイト〜』について!

『春野 寿美礼 TALK&LIVE 2022』@配信

続きまして。

 

こちらも配信ですが、

春野 寿美礼さんの「TALK&LIVE」

きほちゃんがゲスト出演した回について!

 

 

 

春野 寿美礼 TALK&LIVE 2022

出演 : 春野 寿美礼 

宝塚ホテル   : 2022年4月29日(金・祝)

          [Guest]真彩 希帆

第一ホテル東京 : 2022年5月7日(土)

          [Guest]望海 風斗
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

まさかまさか。

きほちゃんが春野さんからゲストに呼んで頂けるなんて!!!

まずもうこの事実だけで嬉しいこのトークライブ。

これもきっとドンジュアンご共演のご縁なんでしょうね。

幸せなことです。

 

しかも西のゲストがきほちで

東のゲストが望海さんだなんて

そんな間接的だいきほを摂取できてそれもまた幸せなことで。

(ポスターに並んで載ってるだけで嬉しくなっちゃう系ヲタクです)

 

 

さてさて。

 

まず最初に登場した

春野さんは紫のドレス

これは?もしやすみれさんだけにすみれ色的な…???

って思ったんですけど全然違ったらごめんなさい。笑

右肩にボアの付いた豪華なロングドレスでしたー!


ブレスレットやイヤリングがバタフライになってて、

それがまた可愛くて素敵でした☆

 

 

最初の曲は

レベッカ(「レベッカ」)

 

春野さんのダンヴァース夫人、

情景が目に浮かんでくるような情念のこもったお歌。

 

歌終わりで作品や夫人についても説明してくれる。

優しい。笑

 

 

2曲目は

夢やぶれて(「レ・ミゼラブル」)

 

レミゼは名曲揃いだし

年齢的なこともあるだろうけどそれでも

春野さんがファンテーヌで

きほちゃんがエポニーヌなの

大正解でしかないな、って思いました。

(きほちゃんは自身のDSでエポニーヌの

「OnMyOwn」を歌っています)

 

確かこのレミゼが春野さんが初めて観たミュージカルだって

仰ってましたよね!

(へー!へー!へー!へー!)

そして初宝塚はうたミミのミーマイなんですって!

(へー!へー!へー!へー!)

東宝に通ってた」って言うくらいハマってたんでしょうね。

 

宝塚に出会ってくださって本当によかった!

 

 

 

そしてここでゲストのきほちゃん登場

 

エストに大きめの白いお花飾りが付いた

水色のドレス。

(これ、少し紫がかったブルーらしく、

春野さんをイメージして選んだそうです)

ドレスに合わせて髪にも白いお花の飾り。

アクセサリーはシルバー系でしたね!

 

きほちゃんの登場前に春野さんがたくさん褒めてくださったので
どう登場したらいいのか……って嬉しそうに照れてるところや

 

春野さんから「デュエットしてみたい」と言われて

「ひょー?」って喜んでるところなど

 

きほちゃんの通常運転で可愛かったです笑

 

 


きほちゃんのソロ曲は

100万のキャンドル(「マリー・アントワネット」)

 

私はこの作品は見たことないのですが

きほちゃんがやるならマリーよりマルグリットだよな、

とは思うのでこの曲を聞けて嬉しかったです。

いつか憧れの新妻さんと同じマルグリットを演じるチャンスが

巡って来たらいいのになぁなんてことも思いました。

 

 

 

ここでお召し変えをした春野さんが登場~

白いブラウスシャツに黒パンツ。

まとめ髪がかっこいい。

 

 

ここでしばしトークタイム!

もうあんまり内容覚えてないので箇条書きで!

 

・きほちゃんも宝塚に出会う前に

帝劇でミュージカルに出会った!っていうお話

・受験生時代に何度も繰り返し見てた「エンターザレビュー」

 (しかも春野さんの真似してたらしい笑)

 

・「明智小五郎が大好き!」というきほちゃんに

客席から沸き起こる拍手!(ありがとうございます)

 

・ドンジュアンで初めてお会いするときには

きほちゃんはとても緊張してたらしい

・春野さん→きほちゃんの印象的なエピソード。

再演からの新加入メンバーの歌稽古の時に、

先生が(天翔)愛ちゃんにアドバイスしてるのに

自分だと勘違いしたきほちゃんが「はい!はい!」って

(めちゃ良いお返事を返して)真剣に聞いてたらしい笑

 

・歌稽古で初めてきほちゃんが歌った時に

みんなその歌声が素晴らしくて驚いてて

春野さんは同じ宝塚出身の先輩として

「うちの娘どうよ?」みたいなドヤ気分だったらしい。

(ありがとうございます)

 

 

・途中ドンジュアンのDVD(実物)出してきて宣伝する春野さん笑

 


・きほちゃんが印象的な春野さんの姿

座長のたいちゃん(藤ヶ谷さん)は休演日も東京でお仕事があったりして

忙しくしててちょっとテンパりそうになってる時に

「大丈夫大丈夫」「大丈夫だよ」って優しく励ましてあげていた姿

(このお話、確かDVDの中の座談会でも言ったましたよね)

 

 

・「トップ娘役として」っていうお話で、きほちゃんが

「最初は迷惑を掛けないようにってことで頭がいっぱいだったけど
少しずつ周りが見えるようになってきてからは楽しく朗らかに過ごそうと

思ってた」って言ったら

春野さんが「そうだね。私も途中から楽屋でずっと笑ってた」

って言ってて、組や世代の違いや男役さんと娘役さんの違いはあっても

やっぱり真ん中に立つ人が持つ悩みや考えってあるんだろうなぁと

妙に納得してしまいました。

 

 

・優子先生から見た2人

2人とも1回目と2回目の歌稽古が全然違う
春野さんは自覚なくその日の気分で変わるタイプ
きほちゃんはいろいろ作戦を練って変えてくるタイプ

(ほほぉ…これはまた興味深いご意見でしたね)

 

 

・春野さんの男役時代の細かいこだわりポイントを

教えて頂いてときめくまくるきほちゃん笑

 

・春野さんが彩音ちゃんとファントムを観にきたときの話。

終演後に2人で楽屋にいらっしゃった時に

とっても緊張したけれど勇気を出してご挨拶したきほちゃんと

それをまったく覚えてない春野さん…笑笑

 

トーク中、きほちゃんのイヤリングが落ちてしまったんだけど

それを付け直す時にそっとさり気なくきほちゃんのマイクを

持っていてくれる春野さんの優しさにトキめきました……!!!

 

 

 

そして2人のデュエット曲はもちろん

Home(「ファントム」)

 

歌っているきほちゃんの表情がもうあの時のクリスティーヌで

ちょっと泣きそうになってしまいました…

望海さん以外とのHomeは初めて聞いたので新鮮!

そしてやっぱりエリック先輩・春野さんのHomeは

声に温かみがあって本当に素敵でした!!!

 

 

そこからのバンド演奏は

「落陽のパレルモ」と「エンターザレビュー」のそれぞれ主題歌。

落陽~は聞いたことある曲だな~程度の認識だったけど

エンター~はもうタカスペとかでも歌われる定番曲ですよねー!

私もこの曲大好きですー!

(そして多分エンター~は観劇したような気がする…んだけどな)

 


いやーそれにしても優子先生てすごいですよね…

どの曲もサラリと弾きこなしちゃうじゃないですか…

それでいてコンマス的なお仕事もしてるじゃないですか…

アレンジ編曲のお仕事も案外されてますよね…

スカステの歌特番とかだと稽古指導もされてるじゃないですか…

劇団に優子先生何人いるんだよ!って思うのに

OGとのお仕事まで…ひぃぃえぇぇぇぇ…

 

 

 

なんて思ってたら再び春野さん登場!

 

今度のお衣装はピンク?ベージュ?の柔らかな印象。

ロングスカートだったんですけどね、

その柄がキリンの網目みたいで可愛くて!

しかも長い袖の下の部分とスカートの裾の方、

くっついて見えたんですけど???合ってます???

ごっつい存在感のゴールドのイヤリングも素敵でした!

 

 

「♪エンター~ザレビュー~」って

少し歌いながら踊ってくれたんですけど、

それに対して客席が拍手喝采で!!!

 

で、それに対する春野さんの
「見たいですか?ビデオで見てください!」がもうね、

下級生の頃の(おさあさ時代の)ヤンチャな春野さんが

垣間見えて最高にテンション上がりました!

(おかしなポイントで上がる我がテンション笑)

 

 

 

ラストの曲は、

星から降る金(「モーツァルト!」)

 

実を言うとですね、私、この作品も見たことないんですよ。

(基本的に作品じゃなく「贔屓」を追って観劇するタイプなので)

でも歌ウマ男役OGさんの定番曲みたいになってるので

曲は知ってるんですよね。

ドラマチックに盛り上がるナンバーだし

春野さんの男爵夫人素敵だっただろうなぁ!

いつかきほちゃんがこの作品に出演できる時がきたら

また春野さんの男爵夫人でこのナンバーが聞けるといいな。

 

言霊言霊…!!!

希望は声に(文字に)しておこう!!!

 

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 真彩希帆 / Kiho Maaya (@maayakiho)

www.instagram.com

 

 

アンコール
「再びゲスト!」と飛ばれて「ハイ!」と元気よく登場したきほちゃん。

 

「再び共演できるように頑張ります!」

ガッツポーズなところが最高にきほちゃんらしくて可愛かったです☆

 

 

 

いやー本当に貴重な共演の機会、

ありがとうございました!!!

 

 

ドンジュアンで聞いた春野さんのお歌がもう最高に好きで

上手いのはもちろんのこと、声に艶があって、

またいつかきほちゃんとご共演してくださったらいいなぁなんて

思っていたのにまさかこんなに早く叶うだなんて……!!!

 

 

またいつか、もう一度そんな機会がありますように、

私もきほちゃんを応援していければと改めて思いました☆

 

 

 

 

以上、春野 寿美礼さんの「TALK&LIVE」についてでした。

 

お次は月組ブエノスアイレスの風」を観に行ったお話!

「Never Say Goodbye」@配信

新公に続いて本公演。

東京楽を配信で見ました。

 

でさ、まずね、

『NEVER SAY GOODBYE』なんだか

『Never Say Goodbye』なんだか

ハッキリしなさいよ、っていうね。

 

そういったとこにこだわりないの?

それでいいの?ってちょっぴりモヤモヤした

開演前の緞帳でございました。笑

(緞帳は前者、ポスターは後者)

 

 

 

ミュージカル

『Never Say Goodbye』-ある愛の軌跡-
作・演出/小池 修一郎
作曲/フランク・ワイルドホーン


「ジキル&ハイド」「THE SCARLET PIMPERNEL」等の世界的大ヒットミュージカルの作曲家

フランク・ワイルドホーン氏と、作・演出の小池修一郎とのコラボレーションにより、

2006年に宙組で上演された『NEVER SAY GOODBYE』—ある愛の軌跡—。

読売演劇大賞優秀作品賞と共に、小池修一郎文部科学大臣賞を受賞した傑作ミュージカルが、

16年の時を経て再び宝塚歌劇の舞台に登場致します。
この公演で初舞台を踏んだ真風涼帆は、今や宙組トップスターとして充実の時を迎え、

満を持して再演に挑みます。
1936年。ナチス政権下のベルリンオリンピックに対抗してバルセロナで人民オリンピックが開かれる。

取材に訪れた人気写真家ジョルジュは、リベラルな女性劇作家キャサリンと運命的な再会を果たし、

二人は恋に落ちるが、やがてスペイン内戦に巻き込まれて行く。
ファシズムと闘う人々の愛と勇気が、「ONE HEART」をはじめとする数々の名曲で綴られる、

ミュージカル大作。

 

主演:真風 涼帆、潤 花

 

公演期間:

宝塚大劇場  2022年2月5日(土)~3月14日(月)

       ※2月5日~27日は公演中止

東京宝塚劇場 2022年4月2日(土)~ 5月1日(日)

 

宙組公演 『NEVER SAY GOODBYE』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

この作品、私は初演も観てませんし

映像で見たこともありません。

新公だけ配信で見ました。

 

 

で。結果を先に申し上げますとね。

 

ごめんなさい、私には刺さりませんでした

 

劇場での観劇ではなく配信だから、

これももちろん要因ではあるかと思います。

 

そして前評判通り、楽曲は素晴らしかった。

各ナンバーどの場面もキャストたちは熱演で、

真風ジョルジュは最高にかっこよかったし、

じゅんぱなキャサリンも熱演だった。

芹香ヴィセントもいちいちカッコイイの塊だった。

 

けれども、なんていうか、

詰まるところ何を言いたい話なのか

どこがこの話の核なのか、が掴めなかった。

 

そして頭に疑問符が飛ぶポイントも案外あった。

(「キスしてあげたら返してあげよう」とか

「気持ち悪い」以外の感想が浮かばなかった)

 

 

 

といったわけで、さらさらっと感想を。

 

 

まずは真風さん演じるジョルジュ

 

いやこれはね、かっこよかった。

でもね、かっこよかったのはあくまで真風であって

決してジョルジュではないんだよね。

 

電話しながら腕まくりする真風、とかさ!

男役が完成しつつある感じがして

惚れ惚れしてしまうかっこよさ。

面長で首が太めなのがまた男役として素晴らしい。

 

 

あと、ジョルジュが自分の生い立ちを語るナンバー。

新公ではさらさらと流れ込んできてしまったここが

今回はしっかりと歌詞に説明されてるのがわかって
やっぱり本役だな、と。

伝わり方が違う。

 

でもやっぱり「キスしてくれたら返してあげよう」は
本公演になってもイラついたわぁ。笑

その上「送っていこう」とか「ちょうど朝焼けが綺麗」とか
こんなん恐ろしい以外の感情を持てない!笑

 

 

ストーリーの中心は多分

ジョルジュとキャサリンのラブストーリーなんだろうけど

(-ある愛の軌跡ーですしね)

でもまかキキの友情も描かれててこれは嬉しかった!

(拙者まかキキ大好き侍に候!笑笑笑)


写真家としてヴィセントたちを追っていたジョルジュが

生きる意味をみつけデラシネじゃなくなる、っていうのもまた

この作品の見せたいポイントの1つなんだろうなぁ。

 

 

 

そしてかのちゃん(潤)演じるキャサリン

 

勝ち気なキャシーっていうキャラクターが

かのちゃんにはすごく合っててよかった!


歌も上手くなったよね!
(※高音部とデュエット除く)

 

宝塚によくある
「死に行く主人公を見送るヒロイン」は
テッパンだけど辛いね、やっぱりね。

 

 

 

 

ヴィセント役のキキちゃん(芹香)

 

いやもうまずマタドール芹香さんなんて

かっこいいに決まってるよね。

どの場面もどの表情もかっこいい。

 

明るく陽気なチャックくんみたいなお役のキキちゃんも大好きだけど

今回みたいな思い悩む表情の多いキキちゃんも好き。

闘牛を捨ててでも故郷バルセロナを守りたいっていう

熱く強い男。かっこいい。

 

ソロ歌も良かった!

キキちゃんのお歌はまず声がいいし

声量たっぷりなとこも好き。

 

愛する故郷が戦争に巻き込まれてしまった

しかもスペイン人同士で争うことになるなんて

そんな苦悩が伝わって来る。

 

あとね、テレサ役の水音志保ちゃんとの並びが

これまた美男美女で最高だった!

 

ずっとテレサの肩を抱いてるヴィセント

テレサの手に口づけして去っていくヴィセント

 

最高。そして切なくて泣ける。

 

でも、このストーリーの後、ヴィセントは生き残るんだよね?

未来の孫(だっけ?)出てくるもんね。

テレサの元へ戻れたと、そう思っていいんですよね……?

(お願いだ少しは明るい材料をおくれ…)

 



 

エレン・パーカー役のじゅっちゃん(天彩)

 

女優であるエレン役ってことで本当に存在が華やか!

あと、期待してなかったけど案外キキじゅりの絡みもあって嬉しかった!

(まぁ絡みってほどでもないんだけど笑)

(あでも、キキじゅりでセリ上がりとかあったよね?)

 

ジョルジュとエレンの銀橋場面の

♪こんなところにいるとは~あんな女と一緒に~

のあたりのお歌の情感の込め方がすごく良かったな。

 

ナウオンか何かでキキちゃんがエレン役のことを

「やってみたい役ナンバー1」的なことを言ってて

キキじゅり大好きな私はちょっぴり萌えましたね笑

 

 

 

アギラールずんちゃん(桜木)


ずんちゃんはさ、とってもお上手だったんだけど

新公で見た亜音アギラールの粗削りな迫力がインパクトありすぎてね・・・(笑)

 

アギラールくんはさ、きっとさ、

キラキラした瞳でキャサリンが見つめてくれて

仲間もいっぱいいるジョルジュくんがうらやましかったんだよね。
人のものが欲しくなっちゃったんだよね、

的なことを思ってしまった桜木アギラール

 

亜音アギラールはほんと何したいんだかわからなかったから

どんなキャラなのか(解釈の正誤はおいといて)

なんとなく伝わったのはやっぱりさすが本役さんよね。

 

 

 

あと、(聞かれてないけど)

私の大好きなサラちゃん(愛未)のポイントね!笑

 

幕開きのココナツグルーヴの場面。

金髪にゴールドのドレスが可愛かった!

ONE HEARTの場面でもなかなか良い立ち位置にいて。

泣いてましたねぇ。

サンジョルディの場面。

青いドレスにオレンジのお花の髪飾りを付けて

こってぃと組んで踊ってましたね!

銀橋に出てくる時にも、確かセンターはヴィセント・テレサ

そこから各カップル並んでいくんだけど

センターの娘役さんは退団される瀬戸花さんと愛海さんで

(男役さんは紫藤さんと瑠風さんだったような気がする)

その次!だったのですよ!立ち位置!マジか!(びっくり)

鷹翔・愛未カップル、長身でお似合いで可愛かったー!

 

 

 

 

ココナツグルーヴの歌手は

紫藤さんもえこちゃんこってぃでしたね!

ここ、再演決まった頃からよく耳にした

「ココナツグルーヴ」というワード。
こういうことね、と納得。

 

 

アメリカ人にはわからないという

ワルシャワポーランドの歴史的背景&情勢。

無知な私にもよくわからなかった…無念。

 

 

オリンピアーダについて説明するあたりの
寿・松風・芹香・天彩の安定感たるや!

 

市長役のりっつ(若翔)がまた安定の上手さ。
市長の言ってる(歌ってる)内容が聞き取れるかって

観客の理解度に直結するよね。納得の配役。

 


内戦の勃発。
20世紀の歴史が変わる最中にいる。

こんな場面の人数もコーラスの厚みも経験値も

さすが本公演だなぁって唸る。

 

NO PASARAN!の場面の
ラ・パッショナリア  留依くん

これまた最高であった。

 

そして「市民がファシストに勝った!」という

市民の喜びに胸を打たれるなど。

 

 

サグラダファミリアの場面は新公でも素敵だったけど

こちらはさよちゃん(小春乃)が歌って

ひろこちゃん(水音)が踊るのね…

いやこれまた最高でしたわ…

 

「センチュリアオリンピアーダ!」なあたりは

やっぱりもえこちゃんやこってぃが上手い
風色くんはお顔がぷくぷくで可愛い。笑

 

せとぅ(瀬戸花)が演じる占い師アニータ

何もかもが上手すぎるんよ…

そして占いが当たりすぎなんよ…


で、占い結果をわくわく顔でのぞき込んでる

タリック(亜音)が汗だくなんよ…

(可愛いなおい…)

 


そんなやり取りの間も

ヴィセントさんはずっと

テレサの肩を抱いてるんよ…

 

 

もういろいろ萌えどころがある忙しい場面でしたわ。

 

 

ジョルジュとキャサリンがいちゃついてるところに

エレンがやってくるのはまぁお決まりの展開

 

エレンの歌う「こんなところにいるとは」の

「こんなところ」なわけで

 

ここからまかじゅり銀橋になるわけだけど、
ジョルジュがエレンに自分の運命の人についてを

語る時にその間の本舞台にキャサリンが登場したり

その本舞台のキャサリンのところにピーターが現れたり

ジョルジュとエレン、キャサリンとピーターのそれぞれが決別して

舞台上と銀橋からジョルジュとキャサリンがそれぞれ上手袖へ移動して

そこで一緒になって、躊躇いながらのキスシーン……

っていうこのあたりの流れというか見せ方は、

さすが小池先生ーーーーー!!!!

と叫びたくなるポイントでした。

 

「ミュージカル」の醍醐味って感じがする。

 

でもさ、そもそもキャサリンバツ2(3だっけ?)

の設定って必要だったのかな?

ジョルジュのエレンに対する思いもまぁ全てが偽物じゃなく

惹かれたのは確かみたいだしなんか

「2人ともただ惚れっぽいだけなのでは……???」

ってうっすら思ってしまうのですが……

 

いやでも、今回は2人とも運命の相手だったんだよね。

うんうんそうだよね。うんそういうお話だこれは。

(って無理矢理自分を納得させながら見ました)

(でもそれってどうなの…???っていうね…笑)

 

 

「ONE HEART」は名場面!

 

ジョルジュの訴えにまずキャサリンやヴィセントが共鳴して
だんだんとみんなが銃を置いていく景色に胸が熱くなる
そして分かり合えず去っていくピーターとエレン

 

「小池作品は1幕終わりが最高」

のセオリー通りの最高に素晴らしい場面

 

 

 

2幕始め、退団する瀬戸花さんのアナウンスへの拍手が。

宝塚の世界のこんな温かいとこ好きです。

 

 

サンジョルディの祭りの場


もうまず芹香ヴィセントと水音テレサカップルが最高に可愛い

やっぱり相手役のいるキキちゃん好きだなー!


退団する瀬戸花さんやあられちゃんが良い立ち位置にいるのも嬉しい。

 

でも私は鷹翔・愛未カップルにロックオン

 

 

キャサリンと意見違いをしたジョルジュが

1幕でエレンが歌ったのと同じメロディを歌うのもすごく好き

不協和音ではないけど観客的にはすでに不穏なメロディとして

インプットされてるから。

 

故郷へ帰りたい亜音タリックも可愛いね。
でもそれも仕方ないよね、なんて思う。

 


自分たちとは違う、当事者じゃない

よその国から来たカメラマン……

一度はジョルジュを突き放したヴィセントが

しっかりと仲間として彼を受け入れる場面は見せ場ね

「まかキキの友情」これはいい!

ジョルジュにとって「生きる目的」「自分の居場所」が

見つかった瞬間なんだろうなぁ

 

 

しかしですね。

ここ何代か宙組さんて、トップさんが新しくなる時に

その隣に合う2番手さんを連れて来てるじゃないですか。

それが素晴らしく功を奏していて、

毎公演トップ×2番手の相性の良さ・相乗効果って

5組中1番じゃないかと思うんですよね。

真風の隣の2番手、全組探してもそりゃ芹香だろ、って思いますよ。

 

 

話を戻します

(すぐ脱線する)

 

 

バルセロナの市街戦での
若翔市長とパッショナリア留依くんのお歌は素晴らしかったですね。

新公のお2人も素晴らしいお歌でしたけど、

やっぱり本役のお2人は圧というか力強さが最高です

 

 

ヴィセントの実家での場面は

ちょっとほっこりと優しい気持ちになれて
みんなで集合写真を撮ってる様子に

微笑ましいながらもその先の未来を想うと泣けてくる。



そこからのヴィセントとテレサの別れ

辛くて仕方ないはずなのに決して泣いてすがったりしない

テレサの良い女っぷり。最高。

 

ジュルジュがキャサリンにカメラを託す場面の

背景の丘のセットがとても綺麗だったのも印象的
あの山を越えて義勇軍と合流するんだね…

 

あぁもう悲しいラストがすぐそこまで来てますよー

っていう匂いがプンプンする!笑



最後の戦闘の場面
銃を持って1人ずつ増えてく仲間たち
ここ「今の宙組の選りすぐりのイケメンです」

って感じがして豪華。

(そんな見方もどうかと思うけど笑)

 

 

時を超えてヴィセントがキャサリンの子孫に

ジョルジュのカメラを手渡すのは、

悲しいラストにそれだけじゃない

未来へつながる何か温かいものが感じられて

素敵な演出でした。

 

 

戦争も内紛も決して美化されるものじゃないけれど

戦いの裏にある人々の思いとかそういうものが描かれているのは

やっぱり感動させられてしまいます……

 

 

 

さて。

前評判も上々であったフィナーレ!


まずは下手セリ上がりで

フィナーレの歌手のキキちゃん登場。
黒紫のお衣装が素敵。

キラキラ明るい笑顔で主題歌を歌いながらの銀橋渡り。

もう余裕や貫禄すら感じさせる。
ラストの歌い上げが最高!

 

 

ラインダンス
ねぇ……もしかしてサラちゃんセンターだった?

(確信もてず)

 

 

そしてそこからはもうノンストップ・カッコイイですよね。

 

トップスター真風さんが男役を率いてる姿も
幕が上がって大階段!なのも

キキちゃんが大階段のセンターを降りてくるのも

まかキキの絡みパートがあるのも

どれもこれも最高にカッコイイ!

 

そして安定の大好物踊るこってぃも最高にカッコイイ!

 

あれ?黒ドレスのサラちゃん最上手にいた

 

真風さんが銀橋に出て来て
本舞台上で男役さんたちがマント技披露してるのもときめく!

 

真風さんとじゅっちゃんコンビもいいし
なんといってもキキちゃんとマキコちゃんの迫力よ!

リフトの力強さよ!

(ちょっぴり脳裏を過るフクロウのコートよ!笑)

 

あとどこだっけ?

カップル振りから娘役さんが男役さんにマント渡して

捌けて残って男役群舞、みたいな流れありましたよね?

あのあたりどのカップルも色っぽくて素敵だった!

 


その後のキキちゃんセンターの群舞も最高。

男役さんズラリのかっこよさはさすが宙組!って感じだし

途中差し込まれるキキずんタイムが新鮮で可愛い。

 

 

ラストのデュエダン
前場の赤黒の世界から白銀に変わって

とっても爽やかで清らかで素敵!

まぁお衣装の粛々としたイメージとは違って

振りは大変アクロバティックでしたけども。笑

でもまかかのコンビには合っててよかったと思います。

 

 

パレード


ピンクのドレスのじゅっちゃん
綺麗な歌声のエトワール。嬉しい。

 

風色・鷹翔・亜音

の並びでスタンバイするときの
こってぃの大層なガニ股にちょっと笑ってしまった。

いやかっこいいよ、こってぃ!

大好きだよ!でも可愛可笑しかったんだよ!笑

 

 

真風・潤・芹香と、真ん中3人の

白×黒のスパニッシュ風お衣装に

白赤の大きな羽根がとても素敵。

3人とも長身でお衣装が映えますよね。

 


娘役さんたちが着てる黒ドレスも素敵。

エトワールでピンクドレス着てたじゅっちゃん早変わりよね。

毎公演思うけど、エトワールさんてそのままのお衣装じゃ

ダメなのかしらね・・・

変に目立っちゃうのかな・・・???

 

 

最近毎公演私の愛する98期の退団が続いてるんだけど

この公演でも大好きなほまちゃん(穂稀)がご卒業されました涙

寂しいですね…

でももう98期さんも研11?とかなんですよね…

信じられない…

でも袴姿のほまちゃんもとっても幸せそうな表情をしていて

配信ではあったけれど、そんなお姿をお見送りできて

よかったなと、そう思った千秋楽でした。

 

 

 

以上、配信で見た「ネバセイ」についてでした!

 

お次はこちらも配信ですが

春野寿美礼さんのトークライブについてを書ければと思います!

2022年6月6日☆

2022年6月6日☆

 

今年もこの素晴らしき日がやって参りました!

 

本日は私の最愛のお姫様、

風花舞さんのお誕生日でございます!

 

 

ーおめでとうございますー

 

 

 

 

昨年のお誕生日からの1年で印象に残っているのは

なんといっても昨年秋の

「Greatest Moment」へのご出演ですね。

あれはもう、本当に忘れられない。

 

そしてですね、実は私、

先月の札幌公演にも行って参りましたのですよ・・・

これがまた素晴らしくてですね・・・

(これについてはまた改めて書きます)

 

そして来月には宝塚ホテルにも行きますの。むふ。

 

楽しみですね、本当に。

ありがたいことです。

 

 

 

あと。もう1つ。

 

優子ちゃんが長年可愛がっていた

(うーん、共に暮らしていた、の方が合いそうかな)

チワワのアーシュちゃんが春にお空へ行ってしまいました。

 

私もファンとして可愛らしいお姿を愛でてきましたので

大変に寂しく、そしてまだ辛さでいっぱいです。

 

いつもこのお誕生日の日に優子ちゃんに想うことは

「幸せに笑っていてほしい」ということなのですが

今年に関しては「泣きたいときには泣いていてほしい」

そんなことも思ったりします。

 

遠い地方のファンがそう思ったところで何の意味が……と

思われる方もいらっしゃるでしょう?

まぁ私もそう思わなくもないんですけど(笑)でも、

ファン1人1人の想いをきちんと受け取ってくださる方だから。

それは長年応援してきた私はしっかりとわかってるから。

だから、意味なんてなくたって、いいのです。あはは。

 

 

 

今年も変わらず、

インスタでお姿を拝見し

ラジオトークでお声が聞けて

noteで文章を読み

そしてテレビや新聞や店頭でCMを発見しては

今日はラッキーな日だなぁ幸せだなぁと思う。

 

そんな日々が続きますように。

 

 

 

そしてなんと今年は6月6日、お誕生日当日の

ラジオトークをLIVE配信回にしてくださるとのこと。

こちらも大変楽しみです☆

(ちなみにラジオトークはアプリをDLするだけで

どなたでもご視聴いただけます。もちろん無料です!)

 

 

 

改めて、本当に本当におめでとうございます!

 

 

ささやかなことでもいいから

たくさんの幸せを感じられる1日でありますように……

 

 

「Never Say Goodbye」新人公演@配信

続きまして。

配信で見た「ネバセイ」新公について。

 

これはですね、断言します。

 

愛未サラちゃんがお目当てで見ました!笑

 

 

f:id:CoCo7698:20220417162826j:image

 

「Never Say Goodbye」

 新人公演

 

2022年4月14日  東京宝塚劇場

 

主な配役 ()内本役

ジョルジュ・マルロー            風色 日向 (真風 涼帆)
キャサリン・マクレガー            春乃 さくら(潤 花)
ペギー・マクレガー              山吹 ひばり(潤 花)
ヴィセント・ロメロ           鷹翔 千空(芹香 斗亜)    

 

宙組公演 『NEVER SAY GOODBYE』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

最初に言い訳をしますとですね。

 

初演も映像も未見なのに加え、

本公演も見てない状態での新公配信。

 

仕事終わりに急いで帰宅して臨んだので

時代背景やどういった人物たちの物語なのかも頭に入ってなく、

その上新公なので台詞や場面やナンバーにカットがあるわけで、

しかも下級生ちゃんたちみんなお顔を認識してるわけじゃないので

どの子がどなたのお役をされているのかもよくわからない状況・・・

 

これではさすがに、

「よくわからなかった」が第一の感想になってしまうのですよ・・・

 

決して演じている人たちが悪いわけじゃない。

 

でも、この作品が再演されると決まった時の周囲の

「あの作品、曲はいいけど内容は・・・???」

といった多くの声に

「確かに」と思ってしまったのも事実。

 

 

まぁ全体としてはそんな印象なのですが

それぞれはとてもよかったと思うのですよ。

 

しかもこの日、昼の本公演中に舞台装置の不具合があったんですよね。

その影響で新公も少し開演が遅れまして。

大劇場では公演中止期間の影響で新公が出来なかったので

東京のこの1回のみだというのにセットなどの一部が

変更となってきっと大変だったと思います。

でもそんなことを感じさせない素晴らしい熱演でございました。

 

 

 

主人公・ジョルジュは新公主演2回目の風色くん

お名前とお顔は一致する、程度の認識でしたが、

まず甘めのビジュアルがかっこいいし歌もお上手!

朴訥とした優男っぽい雰囲気、そしてお耳の感じ(笑)は少し姿月あさとさんを思わせたり、

長身と声の柔らかさは凰稀かなめさんを思わせたり、

そう考えるととても宙組に合う持ち味なのかも。

 

数あるナンバーをどれもよく歌いこなしていたけれど、

ただ歌詞がとっても心地よく流れていってしまって

内容があんまり頭に入ってこなかったんだよね。

いや、私ももう少し気合い入れて

内容をしっかり聞けばよかったんだけども。

ミュージカル作品はナンバーをさらさらと耳に流す感じで聞くと

大事な設定や説明が頭に残らなくてえ?え?何?っていう

ストーリー迷子になっちゃうので。笑

そこだけが(自分のスタンス込みで)残念。

 

あ、あとね、風色くんは娘役を前にした時に魅力がぐんと増すタイプなのかも。

これは男役さんとしてはとっても素晴らしいと思います!

 

 

キャサリンは新公初ヒロインの春乃さん

主役の風色くんと同期とのことで

とてもバランスも相性もよく感じました。

お歌はさすがに上手で、

見た目も声もとっても大人っぽい印象。

 

 

ヴィセント役はこってぃ(鷹翔)

マタドール姿がまずかっこいい!

椅子に座ったままじっと一点を見つめる姿が

配信ではアップになって、

かっこいいぃぃぃぃって思わず叫びました。マジで。笑

銀橋ソロでは「低音頑張れ」とは思ったものの、
声量や歌い上げ方はさすがのひとこと!

「ONE HEART」の場面での
テレサとの並びもかっこよかったです。

 

 

アギラール役は亜音くん

まず登場の場面から貫禄もあるし
とてもお歌がよくなったのでは???
でも、このアギラールってお役が

国を支配したいんだか女が欲しいんだか

ちょっと中途半端なキャラクターに見えてしまったのは

これは彼のせいではないよね、きっと。

しかもあっけなく死んじゃったね・・・

 

 

 

エレン役のサラちゃん(愛未)

最初の登場場面ではかなり緊張してるように見えたけど

でも台詞声も歌声もとっても綺麗だった!

ジョルジュがサイン求めて囲まれるのを見て
ぷんすかしてるのとか可愛かったな。

リハーサル場面の紫ワンピに白い帽子のお衣装も

すごく似合ってて(女優っぽくて)好き。

ジョルジュとの歌の場面は
不安定なところはあっても充分上手いし
多分2人とも芝居歌がいいんだと思う。

「ONE HEART」の場面でスペインを後にするエレンの

複雑な、でもキリリとした表情もとてもよかったですよねー!

 

 

 

その他印象に残った方々。

 

 

まずね、パオロ役の真白くん

(基本的に真白くんが好きです笑)

今回も上手いし、そして可愛い。

 

司会者みたいなお役は

るのちゃん(凰海)かな?

こちらもお上手。

 

市長さんも上手でしたね!

調べたところ、雪輝れんやくんだそうで!

(まどちゃんのMSに出てた子ですね)

 

 

「NO PASARAN!」の場面の

ラ・パッショナリア

朝木 陽彩ちゃんの

地声歌唱もかっこよかった!

 

 

サグラダファミリアの場面での
テレサひまりちゃん(栞菜)が踊って
イザベラさらちゃん(花宮)が歌う、

っていうのも豪華でよかったですね。

特に私はさらちゃんのお歌が大好きなので嬉しかった!

 

お歌が上手いと言えば、

占い師アニータ役の湖々さくらちゃんが

これまた格段とお上手で!

次から次へとどれだけ歌ウマ隠し持ってるんだよ?!

ってちょっと笑ってしまうほどでした。笑

 

そして更に、闘牛士たちの男役さんが

なんかみんなそれなりに歌えるんですよ!

(それぞれをしっかりと認識はできなくて残念ですが)

中でもお芝居やお歌ではマックス役の真名瀬くん、

ラストの戦場の場面ではビル役の大路くん、

が印象に残りました☆

 

 

 

カテコ。長の挨拶はこってぃ。

落ち着いた立派なご挨拶でした。

これ、もしアナスタシアで新公ができていたら

そこで亜音くんが初主演だったのかな?
そうしたらホームズの主演が風色くんで、

そしたらこってぃが最後に主演もありだったのかな?

なんていう、今更考えたって仕方ないことも

頭を過ぎったりしてしまいました。

来年あたりにはきっとこってぃにバウ主演が回って来るだろうと、

そんなことを楽しみにしていたいと思います!

 

 

 

以上ネバセイ新公のざっくり感想でした!

 

お次はこのまま続けてこちらも配信ですがネバセイ本公演について!

ミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』

続きまして。

 

真彩希帆ちゃんご出演の

「笑う男」を観に行ったお話。

(2~3月のお話)

 

 

ミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』

 

ミュージカル

『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-

脚本:ロバート・ヨハンソン

音楽:フランク・ワイルドホーン

歌詞:ジャック・マーフィー

編曲・オーケストレーション:ジェイソン・ハウランド

翻訳・訳詞・演出:上田一豪

出演
ウィンプレン:浦井健治
デア:真彩希帆・熊谷彩春(Wキャスト)
ジョシアナ公爵:大塚千弘
デヴィット・ディリー・ムーア卿:吉野圭吾
フェドロ:石川禅
ウルシュス:山口祐一郎


帝国劇場:2月3日(木)~2月19日(土)    
梅田芸術劇場:3月11日(金)~3月13日(日)    
 博多座:3月18日(金)~3月28日(月)   

 

1689年、イングランド、冬。

“子供買い”の異名を持つコンプラチコの手により、見世物として口を裂かれ

醜悪な笑みを貼り付けられた少年グウィンプレンは、

一行の船から放り出され、一人あてもなく雪の中を彷徨う。

その最中、凍え死んだ女性が抱える赤ん坊、後のデアを見つけ、

道すがら偶然辿り着いた興行師ウルシュス(山口祐一郎)の元へ身を寄せた二人は、

彼と生活を共にすることになる。

時はたち青年に成長したグウィンプレン(浦井健治)は、

その奇怪な見た目で“笑う男”として話題を呼び、一躍有名人になっていた。

盲目であるデア(真彩希帆/熊谷彩春 Wキャスト)と共に生い立ちを演じる興行で

人気を博す二人は、いつしか互いを愛し合う関係となる。

そこへ彼らの興行に興味を持ったジョシアナ公爵(大塚千弘)と

その婚約者デヴィット・ディリー・ムーア卿(吉野圭吾)が来訪する。

醜くも魅惑的なグウィンプレンの姿に心を惹かれたジョシアナは、彼を自身の元へ呼びつけ誘惑する。

突然の愛の言葉に動揺するグウィンプレンがウルシュスらの元に戻ると、

突然牢獄に連行され、そこで王宮の使用人フェドロ(石川 禅)より衝撃の事実が明かされる―。

本当に醜いのは、刻まれた貧者の笑顔か、それとも富める者の嘲笑か。

運命に翻弄される“笑う男”が辿り着く先に待っているものとは―。

 

帝国劇場 ミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

帝劇初見時にまずさらっと書いた記事はこちら↓

帝国劇場で「笑う男」を観てきました☆ - 姫さまたちに捧げる戯れ言 〜舞姫と歌姫と〜

 

無事に幕が開いたこと、

無事に自分が観劇できたこと、

改めて本当に幸せでした。

 

宝塚の世界に出会う前に帝劇ミュージカルに出会ったきほちゃん。

憧れの帝劇の舞台にに立つきほちゃんの姿を観られたことは

この上ない幸せでございました。



歌はそんなに多くなかった印象だけど

こんないかにもヒロインなきほちゃんが見られて嬉しかった!

 

可愛かったーーーー!!!!

 

 

 

youtu.be

 

 

原作も未読、初演も未見で

どんなストーリーなのか全く知らずに観たから

一体この先どうなるんだろう?・・・ほうほう・・・

で?あぁそうなるのか・・・そうなのねー・・・

え?ウソ?・・・うわぁーん(涙)みたいになりました。笑

(超絶雑な感想笑)

 


途中まで普通の顔して観てたのに

最後急にスイッチ入って泣いてしまった・・・

 

 

 

カタカタカタ・・・とタイプ音が聞こえ

舞台上に映し出される文字

 

「金持ちの楽園は貧乏人の地獄によって造られる」

 

ヴィクトル・ユゴー「笑う男The Man Who Laughs」より)

 

流れてくる物悲しい主題歌「笑う男」

 

こんなスタートでした。

 

 

そこから物語の始まりは大きな船のセットが出て来て

「はぁぁさすがにこれが帝劇ミュージカルよね」

なんて感心するなど。

一座、侯爵邸、会議場、どのセットも素敵。

 

普段宝塚を観ているからなかなか気付き辛いけど

幅広い演劇・エンタメの世界でも、

セットやお衣装がこれだけの規模で用意できる演目って

多くないと思うから

「帝劇の舞台」「帝劇ミュージカル」っていうワードが

誕生するのもなんとなくわかるよなぁ、なんてことも思いました。

 

 

 

さてさて。

 

きほちゃん演じるデア

主人公グウィンプレンにとって星のような存在で、

デアにとっての彼もまた側にいなければ生きていけないようなそんな存在。

兄妹よりももっと強く求め合い、

でも恋人よりはもっと家族に近いようなそんな2人。

 

目の見えない演技も、溢れ出るはかなさも、

ちょっと首をかしげて微笑む表情も、

そしていつもと変わらぬ綺麗な澄んだ声も、

どれも私の大好きな可愛らしさでとても嬉しかったし

素晴らしかった!と思います!!!

 

今回の公演、きほちゃんの出演が発表された時に

何より嬉しくて楽しみだったのは

「楽曲:フランクワイルドホーン」だったんですが、

デアがグウィンプレンと歌う

「木に宿る天使」というナンバーが

本当に素敵でした!

(♪白い雪~赤く染まる君~蒼く光る~月明かりの中~

っていうあの曲です)

 

デアは盲目で光を感じられないけれど

でも彼女はグウィンプレンやウルシュスや

その他一座のみんなにとって光のような存在だっただろうし、

見えないからこそ見えるものがある、そんな存在だったんだろうなぁ。

 

 

 


ウィンプレン役の浦井くん

彼を舞台で観るのは実はかなり久々だったけれど

いい意味で全然変わってない!

若くてかっこいいままで驚く!

あと、やっぱり真ん中が似合う!

ウィンプレン、ものすごく優しいイケメンだったなぁ。

私もあんなお兄ちゃん欲しい笑



突然自分がお金持ちになって

浮かれる気持ちももちろんあるのだろうけど

でもそれよりも貧しき人たちを救おうと訴える姿には

作者・ユゴーの自己投影的なものもあるのかな?

夢と期待も持ちつつ、絶望と諦めも身につけてる、そんな印象。

 

生まれも容姿も蔑まれて生きて来たのに

実は貴族の息子だとわかった途端に生活が一変する。

結局は人間の中身じゃなくて「どこに生まれたか」なのか。

なんていう現実を見せつけられる鬱展開も

作品のテーマの1つなんだろうな。

 

ウィンプレンの歌う

♪笑いたけりゃ笑うがいい俺を~♪っていうフレーズが

頭の中に残ってずっと流れてて(主題歌「笑う男」)

やっぱりワイルドホーン氏のメロディラインって

好みだし癖になるよなぁなんてことも思いました、

 

 

 


ウルシュス役の山口さん
あのね、やまゆうさんはもういつものやまゆうさんでしたわ。

どの作品で見てもだいたい同じなのはどうかとも思うしさすがとも思う。笑

「さすがにちょっと」と思うところもあれば

「やっぱりさすがだな」と思うところもある感じ。

 

幼き日から育てて来た貧しき兄妹への愛情深さや

見世物小屋の座長としての大きさ・懐の深さ

興行主としての客席への口上の巧みさ、なんかはあっぱれ!

 

ウィンプレンばかりかデアまでいなくなってしまう、

と嘆く姿にはもう本当に可哀想で泣かされました。

最初は他人と(しかも子供)関わるの面倒くさそうだったのに、

すっかりと家族のような関係性を築いていたんだよね。

 

「幸せになる権利」のナンバーで

ウルシュスとグウィンプレンがお互いの意見をぶつけ合う場面も

2人の歌の圧バトルがすごい迫力であれは名場面でしたね!

 



そしてそして。

さすがのひと言しかないのはフェドロ役の禅さん

このお方は本当に上手い!

 

恭しい言葉や態度の奥に見える不遜さ。

歌や台詞回しが上手いっていうそのレベルを越えた、

存在感や空気感を自在に操る技術みたいなものがすごいよね。

 

 

 

アン女王役の内田さんも素晴らしかった!

あんなに甲高い声を綺麗に出しつつ、

大事な女王からの命令がちゃんと聞き取れる。

大事なとこ!女王の宣告~!!

 



そして元々私の大好きなキャストで楽しみだった

&とてもとてもよかったのが

ムーア卿の圭吾さん

ジョシアナ侯爵のちひろちゃん
かっこよかったし美しかったー!

こんな大好きな2人の並びが見られるなんて最高でしたね。

 

 

圭吾さんも胡散臭さは大得意なのよね(笑)

あと、殺陣のレベルが高い!かっこいい!

赤子のグウィンプレンが捨てられ

口を裂かれたのは全てこのムーア卿のせいなんだけど、

でも彼も母の身分が低いことで随分なコンプレックスを抱いて

屈折した人間になってしまったの、可哀想ではある。

まぁどうしたって許されることではないんだけど。

 

 

ちひろちゃんはね、なんといっても声が好き!

そしてあの可愛らしいビジュアルから溢れる高慢さが最高!

女王の妹という立場で何不自由なさそうに見える彼女だけど、

でも恐らく結婚相手も自分の人生すら自分で選べない。

そんな富と束縛の両方に囲まれた生活。

きっとそこから自由になりたくてずっともがいていたし、

自分を解放してくれる何かに出会いたかったのかな、なんて思う。

 

ちょっと数年後のきほちゃんでこんなお役見てみたいなぁと

そんなことを思わせる魅力的なキャラクターでしたね。

 

 

 

こんな恵まれた人たちよりも

ウルシュス一座のみんなの方がよっぽど

楽しそうに笑って幸せそうに生きてるのも皮肉っぽいよね。

 

 

一座の中ではなんといっても

フィーヴィー役の宇月さん!(としちゃん!)

歌も台詞もいっぱいあって大活躍だった!

としちゃんの対にいたのはヴィーナス役の清水さんよね?

彼女もとてもパワフルな歌声でよかった!

 

彼女たちがぐっと力強くデアを両側から支えてくれてるの

とってもたくましくて素敵だったし、

一座の女たちのナンバーがとてもよかった!

 

猿少年役の島田さんも強い歌声がとても素敵であった!



あとね、クランチャリー卿&クランチャリー夫人

いかにも貴族らしいしっとりした雰囲気と穏やかな歌声で素敵だったんだけど

これ…一体どなただったのでしょう?
パンフ見る限り夫人は石田さんだと思うんだけど

卿は…どなたなの…???

(「クランチャリー卿」の表記がないのよね)

 

 

 

ラストは現実的なことを言うととっても悲しい結末なんだけど、

でも寄り添うグウィンプレンとデアの姿が

まるで影絵か何かのように非現実的でファンタジー感があって、

ようやく2人は一緒になれたのかな、

もうこれで離れ離れになることはないのかな、

なんて思うと、ちょっとした安堵感を感じたのも事実です。

 

 

物悲しく始まり、可愛らしく終わった

私的にはそんな印象を持った演目でした。

 

 

まぁこれは私がヒロインのファンとして観ているからであって、

そうでなければもう少し風刺的な、

金や権力に頼った人間たちの愚かさを描いた物語に

見えたのかもしれませんけどね。

 

 

 

カーテンコールでのきほちゃんはデアちゃんとは打って変わって

いつもの(笑)きほちゃんで、きゃらきゃら笑って飛び跳ねてお手々振って

元気いっぱい楽しそうでこちらの頬も緩みました。

 

 

<2月10日夜の部>

youtu.be

 

 

<2月18日夜の部>

youtu.be

 

 

 

あと、この公演でもう1つ印象的だったのは、

きほちゃんが初めてWキャストを経験したこと!

 

もう1人のデア役である熊谷彩春ちゃんの日程では

残念ながら観られなかったんですけど、

お稽古段階からきほちゃんがとってもいろはちゃんと

仲良く楽しそうにしている姿を見せてくれて、

在団中他組のトップ娘役さんとの絡みをあまり堪能できなかった分、

いろはちゃんとの並びが可愛くて可愛くて

本当に嬉しかったです!

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 真彩希帆 / Kiho Maaya (@maayakiho)

www.instagram.com

 

 

デアーズのお写真、最高に可愛いですよね☆

 

 

 

以上「笑う男」のお話でした。

 

次は配信で拝見したネバセイ新公についてを書きたいと思います☆

 

「今夜、ロマンス劇場で」「FULL SWING!」

もう5月ですけれども

(舞浜コンまでに更新したかった・・・無念!)

 

実は今年の観劇はじめはこちらでした!

 

 

1月に大劇場で観劇して、

あまりに感動してもう1回大劇場で観て

そして3月の東京千秋楽を配信で観ました!

 

とりあえず現時点で今年見たお芝居の中で

私的にナンバー1です。

泣きすぎてしばらく席から立ち上がれないくらいでした!

 

 

 

ミュージカル・キネマ
今夜、ロマンス劇場で
原作/映画「今夜、ロマンス劇場で」(c)2018 フジテレビジョン ホリプロ 電通 KDDI
脚本・演出/小柳 奈穂子   

2018年に公開され、大ヒットを記録した映画「今夜、ロマンス劇場で」。

映画愛に溢れる世界観と映像美、ファンタジックなストーリーで多くの観客の心を捉えた名作を、

宝塚歌劇で舞台化致します。
映画監督を目指し助監督として働く健司は、足繁く通っていた映画館・ロマンス劇場で、

奇跡的な出会いを果たす。

それは、映写室で見つけ繰り返し観ていた古いモノクロ映画のヒロイン・美雪──

健司が密かに憧れ続けていた女性であった。

突然モノクロの世界から飛び出してきた美雪に、

戸惑いながらも色に溢れる現実世界を案内する健司。

共に過ごすうちに強く惹かれ合っていく二人だったが、

美雪はこの世界へ来る為の代償として、ある秘密を抱えていた……。
月組新トップコンビ、月城かなとと海乃美月の大劇場お披露目公演としてお届けする、

最高にロマンチックで切ないラブストーリーに、どうぞご期待ください。  

 

ジャズ・オマージュ
『FULL SWING!』
作・演出/三木 章雄   

心躍る音楽ジャズで綴るショー『FULL SWING!』。

スウィングのヒーロー誕生を祝うゴージャスなプロローグをはじめ、

時にスタイリッシュに時にソウルフルに、

バラエティに富んだ場面で構成する魅惑のステージ。

新トップコンビ率いる月組の魅力を詰め込んだ、

ファンキーでスウィンギーなジャズの世界をお楽しみください。   

 

主演:月城 かなと、海乃 美月 

 

宝塚大劇場 :2022年1月1日(土) - 1月31日(月)

東京宝塚劇場:2022年2月25日(金) - 3月27日(日)

 

月組公演 『今夜、ロマンス劇場で』『FULL SWING!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

観劇前の事前情報の段階で

泣くかなー?とは思っていたけれど

ちょっと自分でも信じられないくらいに泣いた。

なんなら序盤からボロッボロに泣いた。
私はやっぱり小柳先生の作品に弱いらしいです。

本当に素敵な作品だった。

 

 

「芝居の月組って昔から言われるけど、

でも実際にここまで芝居で見せることの出来るトップさん、

トップコンビって実は久々なんじゃないかな?って思う。


れこうみの2人の台詞のやり取りがどの場面も本当に素晴らしかった。

 

 

 

といったわけでまずはお芝居

今夜、ロマンス劇場で

 

 

新トップ・れいこちゃん(月城)が演じる健司

 

ヒーローでもヒールでもないごく普通の青年である、

受け身の主人公だから巧くないと多分埋もれちゃうよね。

れいこちゃんは普通の人を普通に演じるのが上手いんだと思う。

 

彼女が最初に注目されたのは多分ビジュアルなんだろうけど、

月組に来てくれてありがとうな芝居巧者だし

その上歌えるなんて本当に最強。

 

あと晩年の健司がイケオジすぎて(笑)

やっぱりビジュアルの強さはこれからも存分に発揮して欲しい。

 

 

ヒロイン美雪は新トップ娘役のうみちゃん(海乃)

 

うみちゃんはさ!

うみちゃんがさ!!
もう本当にヒロインの中のヒロインで!!!

 

それでいて、立ち回りとかもあって

可愛いだけじゃない男前な部分も見せてくれて

お披露目にして素晴らしいハマり役。


美雪っていうキャラの持ってる勝ち気さといじらしさが愛おしい。
お転婆姫の身のこなしやドレスの着こなしも素晴らしい。

 

 

お披露目前から数々の作品でコンビを組んできて

並びの良さはもちろん、

芝居も歌もダンスもどれもこれも

素晴らしい相性であることに疑いはなかったけれど

この芝居中にあるれこうみコンビの場面が

どれも本当に素敵で、

感動的な台詞や2人の表情もたくさんあって

なんて素晴らしいお披露目作品だったのだろうと思います。

 

 

♪赤い〜ものは〜の曲は

もうメロディラインが可愛くて可愛くて

それなのにものすごく切なくて

楽しい場面でもボロボロ泣いてしまったし、

この同じメロディラインを老年健司がまた口ずさむのが…

もう…泣けるんですよ…
そしてれいこちゃんの老いた演技がまた上手いんですよ…

 

 

後半の映画館での紫のお衣装の場面の美雪の台詞が

どれもこれも大好きなんだけど

やっぱりコンビ厨としては

「私を見つけてくれてありがとう」

中の人と重なって聞こえてしまって、

そして娘役ヲタとして(特に娘役トップヲタとして)は

お披露目にこれはちょっともう本当に嗚咽レベルで泣いてしまった。

 

そこからの(ボロ泣き状態での)

「この場所で出会った」とか!

「ずっと一緒にいてください」とか!
「僕が必ず幸せにします」とか!

これまた、なんて素晴らしいお披露目なんだーーーー!!!

って更に更に泣けてしまう・・・(号泣)

 


それでさ、最後になってさ、健司がさ、


「君は見つけてくれてありがとうと言ったけど

 君も僕を見つけてくれたんだよ」

 

みたいなこと言うじゃん???


もうほんと…私からしたら

2人が出会ってくれてありがとうなんだよ…

 


本当にコンビを組んでくれてありがとう!

って心からしみじみと思わせてくれた最高のお披露目公演。

 

 

 

ちなつさん(鳳月)演じる京映のスター俊藤さん

 

もうね、登場の場面のポーズとキラキラ具合がさすがですよ。

振り切ったキャラ作りが楽しい。

私の周りには俊藤ファンが大量発生しました。笑

 

「映画界に輪廻の風を吹かせて行くよ!」

ちょっと何言ってるのかわからない俊藤さんも好き。笑

 

あとさ、なんで俊藤さんと萩京子さんは連獅子なの?


なんで連獅子なんだよw

一体どんな作品なんだよwww

 

って笑えるからやめてほしい。笑

そこに何か意味はあったのだろうか…???

 

 

ありちゃん(暁)が演じるのは

美雪を追って同じ世界からやって来た大蛇丸

 

ビジュアルはまぁあれですよ、トート閣下ですよ。

大分すっとぼけた感じしますけども。

 

ヌルヌルネチネチがテーマの大蛇くんですけど、

健司の部屋に登場する場面のぬるっと具合が

日に日に増していった気がして笑える。

 

最初は「隣国の王子」って聞いてたし

ビジュアルはかなりかっこいいし

どっちかっていうと敵役ポジションだったと思うんですよ。

でもなんか段々と可愛くなってきちゃってね。

従者たちのアドリブにも巻き込まれてたし。

Twitterのレポでも「今日の大蛇くん(5才)」みたいに言われてて

月組最後のお役がこんな愛すべきキャラでよかったなーって思いました。

 

れこありの民としては、

少しだけど健司役のれいこちゃんとの

絡みがあったのは嬉しかったな。

(押し入れ登場の演出には本当に感謝したい笑)

(そしてあの瞬間のれこありが舞台写真化されたことにも感謝したい笑)

(もちろん買った笑)

 

 

 

山中くん役のおだちん(風間)がさ

またさり気なく上手くて歌ソロもあって

彼が自然と主人公健司の隣にいるからこそ、

イロモノ担当俊藤さんと大蛇丸くんがまた映えるんだろうなぁ。

 


みちるちゃん(彩)の塔子さん

可愛らしいお嬢さんでどの場面のお衣装も似合ってて最高。

出てくるたびにみちる可愛いbotと成り果てた笑

ただのお飾りじゃなくちゃんと京映っていう会社のために

働いてるとこがまた応援したくなっちゃうのよね。

 

 

いやしかしね。

本当に出て来るお役どの子もみんなお芝居上手で感心する。

 


三獣士とか俊藤さんの取り巻きたちとか

大蛇丸くんの従者とか警官の子とか

どの子も素晴らしかったのよ!


ってかさ!三獣士!鳩三郎

みよっしー(柊木)これかなりの儲け役よね。

元から上手い子だったけど今回もまた素晴らしかった!

 

 

 

ではでは以下その他印象に残った点など。

 

今回のショルダータイトルは

「ミュージカル・キネマ」

この作品を本当に上手に表現してると思う。

これっていつも演出家さんが考えるのかな?

やっぱり私は小柳先生のセンスが好きだな。

 

 

最初の病院のシーンの看護師さんたちの会話

「もしかして遺産狙い?」
「お孫さんかな?」

みたいなのがさ、辛いよね。

でもそんな風に見られることも多かったんだろうな。

それでもきっとあの2人には幸せな生活だったんだろうな。

(ってここですでにちょっと泣いてる)

 

 

映画の世界に健司が入り込んだようなプロローグ好き。

舞踏会の場面でうみちゃんの隣にゆいちゃんがいて嬉しい。

 

 

映画館へ向かう健司の歌ソロ、

銀橋に向かうところでもう泣いてた。

(かなり序盤)

映画を見に行く=美雪に会いに行く、だもんね。
きっと頭の中は美雪のことでいっぱいなんでしょ?

キラキラとした表情の月城健司。可愛いの塊。

 

 

健司が通う映画館。

その名が「ロマンス劇場」

そこの館主である本多さん

この月組演じる本多さんと健司の会話も

作中でとても重要だったし泣けた。

健司は本当に映画が好きなんだな、ってことも

本多さんとの会話から伝わって可愛い。

美雪姫に恋してる健司だけど、それ以上に

お転婆姫と三獣士」っていう映画が好きなんだよね。

 

 

本多さんから「この映画売ることにした」って

言われた健司がこれでは美雪に会えなくなってしまうー!

ってなるところから物語は動いていくんだけど、

このやり取りの時にスクリーンの中の美雪も

それを聞いて「え?」ってなってるんだよね。

当然スクリーンの中の映像は事前に撮影されてるわけで

背後の映像とちょうどタイミングが合うように芝居してる

るうさんとれいこちゃんさすがだなーと思ったりもしました。

 

 

そのね、事前撮影された映像の場面も

凝っててさすがだった!

 

幕開けの華やかな舞踏会の場面、

健司が見てる映画本編の場面、

そしてラストシーン。

どこも可愛らしくて素敵だった。

 

お稽古段階で撮影したんだろうから

諸々の詳細設定がその時点である程度固まってる必要性があるよね。

お芝居作りながら、そうだ!ここに映像であのシーン入れよう!

みたいなことは容易にはできないんだもんね。すごい。

 

 

今回の公演で、お芝居の上手さで注目したのは

警官役の朝陽つばさくんでした!

銀橋であれだけの時間1人芝居できるとか。

しかも上手いしくすりと笑えるし。

大劇場公演中は狸吉の代役をされてるのも見ました!

こちらもまたお上手で。

(でもやっぱりれんこんさんの狸吉が恋しくなりました。

東京公演では復帰されてて安心しました!)

 

 

 

映画の中の世界から飛び出して来た美雪(可愛い)

それを戸惑いつつも受け入れている健司(可愛い)

 

 

美雪から「僕(しもべ)」って呼ばれて

「王子様って言うのは?」とか自分で言っちゃう健司(可愛い)


即却下される健司(可愛い)

 

健司の部屋に散々悪態ついておいてすぐに寝ちゃう美雪(可愛い)

「おやすみなさいお姫様」とか言ってお布団かけてあげる健司(可愛い)


(このあたりの流れ、ちょっと「ローマの休日」の

ちぎみゆを思い出しました)

 

 

健司の職場=京映=映画会社に美雪が見学に行くのも

可愛くて大好きなんだけど、

中の世界のままのドレスじゃ目立つからって

お着替えした後のオレンジドレスが

これまたうみちゃんに超絶似合ってて、

多分私めっちゃでれでれ顔で見てたと思う。

 

そしたら私以上に健司がでれでれしてた(可愛い)

そうだね、お着替えした美雪さんも綺麗だね、健司!

 

結局美雪があれやこれやしてくれたおかげで(笑)

大事故が起きて会社から怒られちゃう健司くんは

「あなたと出会ってから災難ばかりです」って

ちょっと怒ってるんだけど、

でも、そんなこと言いつつ見放さないんだよね。


美雪が探してた大切なオカリナもいつのまにか

見つけてくれてて「さ、行きましょう」って。

 

なんだよ結局一緒にお前のうちに帰るのかよ

 

ってちょっとニマニマしちゃう・・・笑

 

ここでさ、美雪が

「健司!誉めて遣わすぞ!」

ってさ、言うのね。

 

お前とかしもべとか言ってた美雪が初めて

名前を呼んでくれてすっごく嬉しそうな健司が

可愛くて再び涙腺決壊。

(これもまだ案外序盤です笑)

 

 

 

るねちゃん(夢奈)演じる清水さん(京映の部長)は

リアルにいそうな感じが上手いし

仕事できそうな感じがかっこよかったです!

 

 

シナリオハンティングの場面

ここはもう最初から最後まで可愛さがあふれる名場面

(そしてあまりに楽しそうな2人の姿に涙止まらず)

そして月組子たちが隅から隅までなんかやってて忙しい場面笑

 

ここで2人がとっても楽しそうに歌う

「カラフルワールド」がね、

とにかく涙腺を刺激するんですよ・・・

 

モノクロの世界から飛び出して来て

「色」っていうものが新鮮で楽しくてたまらない美雪との

掛け合いの歌なんだけど、ここの「黄色いもの」

「お月様」を出してくるのもさすがだし

「赤いもの」「かき氷」を出して来て

そこからのあーん(スプーンですくって口元に持ってくアレね)

展開に持ってくのとか神でしたね。

可愛すぎて多分私客席で複数回小爆発したと思います。

いやほんとマジで。笑

 

 

ついに美雪から「王子様」とか呼ばれて

調子に乗っちゃった健司くんが

「王子様とヒロインは
ここで初めて手を繋ぐんです」

とか言っちゃうの、

おいおまえ…って思わなくもないんだけど(笑)

なんかもうそんなのどうでもよくなる可愛さで。

 

 

2人の後ろで踊る幻想のカップルたちも素敵だった!
ま、私は黄色の花柄ワンピで片側おさげの

ゆいちゃんにロックオンだったんですけどね。

 

 

ゆいちゃん(結愛)と言えば、

今回はセブンカラーズという

京映ニューフェイスのメンバー役だったのですが

7人で銀橋に並ぶところも可愛くて

台詞はなくとも舞台上でずっと何やら小芝居をしていて

これまた最高に可愛かったです。

 

ですが。

彼女に芝居での活躍の場がもっとあるといいのになぁと

残念にも思ったのは事実です。(ちょいと本音)

 

なので今回は代役という形であれ

ゆいちゃんの「写真の女」を見られたのは嬉しかった!

大劇場では羽龍ちゃん(きよら)版も観てますが

どちらも存在そのものが可愛くて、

でもどこか非現実感もあって素敵でした。

 

羽龍ちゃんは俊藤さんの悪魔祓いの場面での

妖怪の歌姫もよかったですね。

あの小柄な身体からよくあれだけの強い歌声が

出てくるものだと感心してしまう。

 

ここの代役はりりちゃん(白河)だったけれど

羽龍ちゃんよりも大柄な分、とっても大人っぽい仕上がり。

彼女も素晴らしい歌い手さんですよねー!

 

 

 

シナリオハンティング帰りのお2人さんに話を戻しまして。

 

 

まだまだ調子に乗り続けてる健司くんが

「そして2人はここで

 口付けを交わすんです」

とか言い出しちゃうのもうほんとアホ可愛いんだけど!!!

 


「無理ですよね?
 まだ手も繋いだことないのに!」

ってアハハエヘヘで誤魔化してる健司だけど

(そしてそんな健司も可愛いけど)

でも私は聞き逃さない。

「まだ」ってなんだ「まだ」って。

これからそうしたい欲が見え見えじゃないかーーーー!!!

 

可愛いーーーーー!!!!

(中身がれいこちゃんだと思うと更に可愛い)

 

 

ここで美雪が電話ボックスの中に入って

ガラス越しのキスシーンになるわけで・・・

なんだこのきゅん展開・・・

なんて美しい世界・・・

 

 

「あなたとのことを映画にしたいんです」

って真剣に伝えてくる健司。


「どんな結末になるんだ?」

と問う美雪。


「まだ決めてないけど絶対ハッピーエンドです!」

って嬉しそうに断言する健司。

 

 

これは・・・美雪には辛いよね・・・

本当は手だって繋ぎたいしキスだってしたいよね。

でも出来ないんだよね。

そしてその理由を伝えることも出来ない。

 

社長令嬢の塔子さんは健司のことが好きらしい。

あんな女との方があいつは絶対幸せになれる。

そんな風に思っちゃったんだよね。

 

 

ここでのうみちゃんの銀橋ソロは素敵だったけど

なんとも胸がぎゅっとなる切なさでした。

 

 

こんな切ない空気の中で

やって参りましたお待ちかねの

健司くんと大蛇丸くんの

いやれいこちゃんとありちゃんの

押し入れの場面です。笑

 

 

近所で聞き込みをしたっていう3人組に対して

その恰好でですかー?ご近所で噂になるじゃないですかー?

みたいに驚いてる健司くんが、

このあたりのれいこちゃんの演じ方というか

台詞の出し方やトーンやそのあたりが上手で

ほんっとうに好きだった。

非現実の登場人物たちとの存在の仕方が全然違って見えたし

多分リアルに普通に存在する方が

舞台で表現するのって難しいと思うから

ここはれいこちゃんの役者としての巧さなんだと思う。好き。

 

 

で、この、美雪を追ってきた大蛇丸と健司の場面。

 

健司が部屋の押し入れを開けるとそこには大蛇丸

っていうれこありのお顔超近距離の美味しさもあり、

従者たちのアドリブが毎回楽しみでもあり、

の場面だったんだけど、それだけじゃなく

 

美雪たちは人の温もりに触れると消えてしまう

=自分は美雪に触れられないっていう事実や

ずっと年を取らず今の姿のままである事実を

知らされるなかなか重要な場面でもありました。

 

美雪が年を取らないってことは

健司だけが一方的に年老いていくということで……

 

ここで大蛇丸の放つ

「醜悪だな!!!」の台詞がなぜかとても好きでした。笑

(可愛い大蛇くんらぶなので笑)

 

 

ここでの大蛇丸と従者たちの

「哀しき孤独のタンゴ」も大好き!

大蛇丸サンサーラ

俊藤さんのレッツ輪廻に並ぶヒットワードですわ。

ありちゃんもある意味声量おばけタイプだと思うんだけど

この曲もとてもよかったですー!

 

ただ歌詞の内容とかは

「彼女の肩を抱きしめて

 慰めることもできず」

とかなので、これね、これから手をつないだりとか

口付けを交わしたりとかしたかった健司くんにとっては

それはもうショックですよね・・・

 

でもね、それと同時に、これまで美雪さんが

自分の差し出した手を受け入れてくれなかった理由に

気付くというか納得するというか、ね。

 

そんなようやくいろいろ事情を呑み込み始めた健司くんなのに

美雪が荷物を持って「出ていく」とか言い出すんだからさ、

本当に辛いし、ラブストーリーに必須の主人公たちの

すれ違いにヤキモキするところですよね。

 

 


そんな健司の背中を押す俊藤さんとの場面も好きでした。
トップさんと2番手さんの場面がしっかりあるっていうのもいい。

 

今回この俊藤っていう男が

ただの人気を鼻にかけた嫌な奴じゃなくて

天性のスターではあるけれど、人格者であったことも

とてもよかったし、それをちなっちゃん

とってもナチュラルに演じていたのもよかった。

 

「行け青年!」って言うシンプルなお言葉が

まっすぐな健司にしっかりと届いたんだと思う。

(勉強になります!!!)

 

 

 

そしてここから、大好きなロマンス劇場の名場面になるわけですが。

 

事前情報で、主人公健司がずっと映画の中の登場人物である

美雪に恋してる設定なのは知ってたんですよ。

 

で、それに対して美雪の

「見つけてくれてありがとう」の台詞があって、

それが私には中の人(れこうみ)のお披露目と被って

聞こえてしまって号泣したのは上で書いた通りなんですが。

 

 

観劇して初めて知ったのは、

美雪もずっとスクリーンの中から

健司のことを見ていたっていう事実。

 

映画の公開当時はたくさんの観客が自分たちを見に来てくれていた。

でも、だんだんと客が減り……いつしか観客がいなくなった時に

自分たちは消え去る存在だとそんな運命だと知っていたけれど、でも。

そんな時に、ずっとずっと変わらず自分を見に来てくれていた健司。

そんな健司に会ってみたくなってその世界を飛び出して来たんだ、

っていう美雪からの告白。

それがあっての「見つけてくれてありがとう」にはねぇ、

もう本当に涙が止まりませんでした・・・

 

 

トップコンビ厨の私には思い至らなかったけれど

「まるで自分が贔屓に言われてる

 ような気がして泣いた」

っていう感想もよく見かけて、

そっかそんなとらえ方もあるんだな、と。

 

とにかく、芝居巧者なコンビがお披露目作にして

最高の名場面を作ってくれたなぁとしみじみ思いました。

 

 

そこからの2人が一体どうやって暮らしていったのか。

詳しく語られることはなく、ただ、

少しずつ健司が老いて年の差が離れていく様子を、

それでもいつだって幸せそうな2人の様子を、

3組のカップルで曲中で見せたのは素晴らしかったですね。

ここは劇場ではイケメン眼鏡彩音に視線持ってかれてしまったので

配信で初めてちゃんと見れました。笑

 

 

この間にお着替えしたれいこちゃんが

ロマンスグレーにお髭のイケオジで出てくるんですけど、

こはちゃんとれいこちゃん本人が

老年まで演じてるの大正解ですよね。

れいこちゃんなら老け演技も本当に自然に上手に

見せてくれますしね。

 

ここで私の大好きな

「君は見つけてくれてありがとうと言ったけど

 君も僕を見つけてくれたんだよ」

となるわけなんですが。

 

 

健司は人生の最期を迎えようとしていて

それを悟った美雪が

最後に抱きしめて欲しいってお願いするんですよね。

 

ずっとずっと触れないように消えてしまわないように

大切に大切にしてきたであろう彼女を最後に抱きしめる。

 

初めて健司の温もりを感じて「あたたかい」と涙する美雪。

 

 

見た目には祖父と孫に見えるほどの年齢差があって、

健司は死んでしまうし、美雪は消えてしまう。

でも、大蛇丸がいつか言ったような醜悪さなんて微塵もなくて

本当に素晴らしいロマンスに溢れた空間だったなぁ、と。

(・・・と書きながら思い出し泣きしております・・・)

 

 

ですよねー!天音先輩ーーーー!!!

(じゅりちゃんとりりちゃんの看護士コンビも好きでしたよ)

 

 

 

ラストはまた映画の中のシーン。

 

でも、冒頭と違って、健司はスクリーンの中にいる。

ちゃんと王子様として。

 

このお芝居中、れいこ健司が跪くシーンが

3回あるんですよね。

 

1回目は、なんちゃって王子様で風車を。

2回目は、これから一緒に生きていこうと指輪を。

そしてラストの3回目は、王子様として薔薇を。

 

この薔薇がモノクロから鮮やかな赤に色づき、

そこから世界に色が広がっていく様子は

舞台で見ても配信で見ても本当に綺麗だったし

この作品の舞台化においての大きな成功ポイントだと思う。

 

映画の中の登場人物たちにちゃんと綺麗な色が付いていて
「お前たちそんな色をしていたのか!」って

なぜか美雪口調で突っ込んでしまう。笑

みんな可愛い。(特に三獣士!)

 

 

ラストはもう舞台の隅々までみんな可愛くて

ずっと泣き続けてました・・・


本多さんの隣に写真の女が寄り添っていることにも、

山中くんがちゃっかり塔子さんの肩を抱き寄せてるのも、

大蛇くんを従者が一生懸命励ましてくれているのも、

そして健司と美雪が幸せそうでキラキラしてるのも。

 

どこを見てももう泣けてしまう・・・

 

だってさ、もうれいこうみコンビの

王子様とお姫様とか麗しすぎて

そのあまりの美しさに感動して涙出るよね。

 

 

観劇後に改めてポスターを見ると、

どなたかが言ってた

「2人はこんなに近くに隣り合ってるのに決して触れてない」

っていうのもぐっときてしまいました。

 

 

本当に本当に素晴らしい素敵な作品。

この作品に出会えて本当によかった。

れいこちゃんうみちゃん、ありがとうーーーーー!!!

 

 

 

続きましては

ショー「FULL SWING!」

 

 

あ…の…3番手さんてショーでこんなに見せ場を

いくつももらっていいんでしたっけ…???

 

これがショーの最初の感想です(笑)

(ありちゃんのモンペなので)

 

 

れいこちゃんのアデューのとこだけは

なんだかイマイチ締まらないなーってのと、

せっかくのお披露目なんだし

3組デュエダンの後に残ったれこうみの2人の時間が

もう少し長いといいのになーっての以外は

トップコンビの場面もそれぞれカラーが違って素敵だったし

楽しいよく出来たショーでした!

 

 

 

プロローグ~The Beginning

 

まずはセリ上にトレンチコート姿

登場するれいこちゃん

 

新トップスターのお披露目ショーの登場

こうやってしっかりと拍手を送れる演出はいい!

かっこよさと歌の上手さ、っていう

れいこちゃんの強みをまず前面に押し出してくるのもいい!

 

そこから続々と踊りだしてくる

同じくトレンチコートにハットの

ちなつさん、ありちゃん、おだちん

4人で踊る場面は新月組のセンターの顔見せっぽい。

(でもこの並びがまさかこれで最後だなんて・・・涙)

 

 

プロローグはテーマであるジャズのリズムが楽しいし

主題歌で月組子が本舞台にズラリと並ぶのは圧巻だし

スターさんが銀橋を歌い継ぐのも素敵。

 

途中「ビギン・ザ・ビギン」

ちょっとスローテンポになるのも

緩急の緩で流れに変化が出ていい。

人数も絞って、現月組の少数精鋭!って感じでね。

 

そのたっぷりとした曲調がれいこちゃんに合ってて

この名曲を歌い上げる新トップのスターっぷりはさすが!

お洒落で大人っぽいこのコールポーターで踊るトップコンビが

これまた本当にかっこよくて美しかった!

(さききほのビギンとよもや同じ曲だとは思えない笑)

(あれはもうディズニーのパレードのようだった)

(あ、だいきほお披露目のSV中詰のお話です)

 

 

うみちゃんの隣にありちゃん、その間の1列後ろにゆいちゃん、

っていう私の黄金三角形になる瞬間があったんだけど、

いざカップル振りになったらゆいちゃんはするするする〜と

風間さんのお隣に行ってしまって、

くうぅぅぅぅぅ~身長か?身長なのか?

絶好のありゆいチャンスだったのにー!と1人で地団駄。笑

 

でもプロローグのラストにみんなでずらっと並ぶところは

ありちゃんのお隣がみちるちゃんでこの並びは新鮮で嬉しい!

 

あとね、ちなつさんがね、やっぱり上手いのよ。
プロローグのカップル振りで

カップルが2人で同じ方向を向いている時に

娘役さんの方を向いて顔を見合わせていたりするの。

あれはきゅん死する。策士だわ。

 

 

トップさんが歌えて芝居が出来て、

娘役トップさんは踊れて芝居もよくて、

っていうところでのんゆうこ(久世風花)に近いものを

れこうみには感じてたんだけど、

ショーのプロローグが少し「ザ・モダーン」っぽくて、

いやーうたみみ(剣こだま)に近いのかなーとも思ったり。

川霧の影響も多分にあるとは思うんだけど。

 

そんなプロローグでしたね。

 

 

プロローグ終わりにトップコンビが銀橋に残っての

フレネシーも最高に素敵だった!

 

れこうみはそれぞれがものすごい歌手ってわけじゃ

ないかもしれないけどデュエットの相性が良くて、

あと何度も同じこと言って申し訳ないんだけど

やっぱりどの場面でもどんなテイストのお衣装でも

「美男美女」で出てくるからなんかもうそれだけで満足しちゃう。

 

うみちゃんは美しきダンサーってイメージだったけど

れいこちゃんと組むことでものすごくお芝居がいいし、
逆にれいこちゃんはうみちゃんと組むことで踊っている姿がかっこいい。

踊れる娘役さんは決めポーズが綺麗だし上手に男役さんの腕の中に収まるから

そんな娘役さんと組む男役さんもかっこよく見える。

 

宝塚のトップコンビのそんな相乗効果、大好きです☆

 

 

No Rain,No Rainbow

(通称ノマドの場面)

 

ここはもうすみません終始ありちゃんしか見てませんでした笑

この場面の青のお衣装、とっても似合ってて素敵でしたよねー!

 

ただただ踊り続ける数分間・・・

セリ上から飛び降りてくる時のあのかっこよさね

ジャンプの高さね

飛んでる瞬間の手足の綺麗さね

 

場面設定などはナウオンで解説を聞いて

ようやく理解したけれど

いやごめんなさい・・・

聞いてもよくわからなかった・・・かな・・・笑

 

最初の苦しそうな表情から
だんだんといきいきとした表情へ変化していくのがよかったなー!

 

月組最後のショーでこんな芯になる場面をもらえて

なんだか嬉しかったですーーー!!!

 

 

 

ジゴロの場面

 

ジゴロのちなつさんがギラギラお衣装の

じゅり(天紫)ゆうき(蘭世)みかこ(羽音)を率いて銀橋へ。

新鮮な並び。

 

この場面のセンターはちなちゃん×はーちゃん

それもまたなんだか新鮮でよかった。

 

この場面はただただひたすらに

曲も振りも明るくはじけた楽しい場面でした!

 

 

確かちなっちゃんの後ろに

みちるゆいがシンメで踊ってて、

困る…これは困る…どう見たらいいんだ…ってなった記憶。

 


みちるちゃんは黒の大きなリボンで
ゆいちゃんは金髪に茶系ドレスで
踊る2人がもうたまらぬ可愛さであった……

(ありがとうありがとう)

 

 

 

カフェの場面

(ジャンゴの場面)

 

まず銀橋に出て来たれいこちゃん

黒豹の軍服着てて懐かしかったーーー!!!

 

この場面、娘役で踊る時のセンターが、

うみ・みちる・ゆいの3人で、

私の好みの可愛い子集まってて極楽であった。


うみちゃん緑みちるちゃん青ゆいちゃんピンクで

鬘も3人とも雰囲気が全然被ってなくてみんな可愛かった!


最初に出て来た蝶々と言い、

場面設定はちょっとあんまり理解できてなかったんだけど

でも美しいうみちゃんと踊るジャンゴれいこちゃんが

とびきりのイケメンだったのでそれだけでこの場面はよしとします。笑

 

 

 


中詰

 

ライトがつくと銀橋にスターさんがズラリ。

センターにはおだちん!!!(ひゅ~!!!)

 

ここでおだちんの歌う
「ニューヨークニューヨーク」がね、

もう絶品であった!!!

歌が上手い・声がいい・かっこいい。すごい。

 

 

全体的にこの中詰のお衣装の落ち着いた色合いとても好き。

 

 

そして舞台奥セリ上に登場したありちゃん!!!

「Night & Day」

めちゃめちゃかっこよかったんだけど……
ここは……もうすこし歌わせて欲しかったーーー!

まぁありちゃんなら踊らせたくなっちゃうのわかるし、

最高にかっこよかったからいいんだけどね!

(結局なんでもよくなっちゃう)

 

歌途中での「You!」「You!」「You!」

指さし3連発は毎回何人か召されてましたね…

あれは本当にかっこよかった!!!

ありちゃんがこんなにバシッバシの男役さんになるだなんて…

(胸熱)

 

 

そしてしっとりとちなつさん

ストレンジャーズインザナイト」

 

みちるちゃんじゅりちゃん羽龍ちゃん

(東京はりりちゃん

そして我らがゆいちゃんが大人っぽいドレスで共に銀橋へ。

可愛いよねぇほんと。みんな可愛い

みんな可愛いから余計にちなつさんがかっこよく見える。素敵。

 

 

 

そしてれいこちゃんの登場。

曲は「マイウェイ」

 

ここでれいこちゃんの歌うこの曲は、

さすが芝居の出来る人の巧さで

歌詞も素敵だからなんとか映像に残して欲しいなぁ。

 

歌の途中で本舞台に登場するうみちゃん

グレーのドレスが良く似合ってて

美しいソロダンスについうっとりしちゃう。

 

 

銀橋ズラリで踊りに踊って圧!圧!圧!みたいな中詰ラストが多い中、

今回は銀橋に乗るのはれこうみちなありおだの5人だけで

花道から本舞台にみんな並んでマイウェイを歌い上げていて、

今のこの世の中事情も相まって、

ただただ高い場所を見つめて歌う姿に胸がぎゅーっとなってしまいました。

 

後半の歌い上げの時に銀橋メンバーはじめ

ほとんどみんなしっかりと板を踏み締めて手振りだけなのに

銀橋のありちゃんは脚もずっとリズムに乗ってて可愛かったね笑

 

 

で、その中詰終わりで

いわゆる中詰おかわりの場面。

 

銀橋に残るちなありおだの男役スター3人。

「I'ts All Right with Me」

(この曲大好き!)

 

全員上手くてかっこよくて

全然個性が被らなくて見応えあって素敵だった。

 

千秋楽の日には
ちなつさんおだちんそれぞれから

「ありー!」という掛け声もあり

ラストの花道でもありちゃんをセンターにしてくれましたね。

本当に3人仲良しで可愛い・・・

 

ここ、最後の暗転までもうちょっと3人に

ライトあててほしかったなーなんて思ってたんですが、

ちなつさんこの次早変わりなんですよね・・・

 

 

 

ってことでそんな早変わりのちなつさんがご登場されるのが

 

ミッドナイトイン巴里

 

ここのうみちゃんのビジュアル

ど真ん中ストレートで大好きでした!

赤と黒のタイトドレスで大人っぽくて超好き。


まぁでも設定はよくわからない…かな…

あと、れいこちゃんのスーツはあれで…いいのか…

それもよくわからない…けどまいっか。

 

終わり方もよくわからないし

拍手すべきタイミングもいまいち掴めなかったんですが

でもまぁ地団駄れいこちゃんは可愛かったですよ?

 

あとね、うみちゃんの腰にちなちゃんが手をポンとするのとか。

かっこいいしきゅんとしました。さすがっす。

 

ここでもみちるちゃんとゆいちゃんがうみちゃんの両サイドにいて

それぞれ男役さんと組んで踊ってるのを見るのが大好きでした!

 

 

自分でも何言ってるんだろうなって思いますけど。
みちるちゃんのあのどんな場面でどの男役さんと組んでも

醸し出してくるプラトニック感はすごいですよね。
それに対してゆいちゃんのあのどんな場面でどの男役さんと組んでも

醸し出してくる一線越えてる感もすごいですよね。


何言ってるんでしょうね。笑

 

 



お次は、

白雪・晴音・夢奈・蓮の4人の銀橋渡り。

これはまた素晴らしいメンバー!

黄色×黒のお衣装で素敵☆



続いて黄色ドレスが可愛い
天紫・白河・羽音(大劇場はきよら)が銀橋へ。

なんで月娘ちゃんってこんなに黄色ドレスが似合うんでしょうね。

お歌も上手で可愛くて最高☆

 

 

その次に出てくるのが・・・

みちるー!!!

うわぁーん可愛いよー!

可愛いよみちるーーーー!!!

まさかみちるちゃんが1人で銀橋渡るなんてね・・・涙

 

 

そしてまたしても黄色のお衣装で登場してくるのが

ありちゃーん!!!

うわぁーんかっこいいよぉキラキラしてるよぉ眩しいよぉ。

歌もダンスも最高では・・・???

しかも曲が「ジャズマニア」とか!!!(最高)


ありちゃんはさ、

ノマドの場面が「スターダンサー!」っていう華やかさは

1番感じたしもちろんかっこよかったんだけど

でも私はナンタンデーとジャズマニアが好きだなー!

ここ、決して曲のせいじゃないと思うんだけど、

ふとした瞬間の動きになぜか真琴さんっぽいところがあって、

ひぇぇぇかっこいいよぉぉぉぉってなったんだよね。

(まぁ私の好みってことですよね要は笑)

 

 

そこから続くロケットは、

みんな猫耳&しっぽがついてて可愛かったんだけど、

真ん中あたりの男役さんたちのダンスレベルが高くて驚き。

下級生さんに詳しくないのでどなただったのかは

わからないんですけど、皆さんかなり踊れるのでは???

 

 

 

フィナーレ

 

大階段の真ん中にれいこちゃん

そこに四方八方から集まって来る

赤×黒ドレスの娘役さんたち。

ここ、上下だけじゃなく大階段の中段からも

娘役さんが出てくるのすごく好き。

 

ここのれいこちゃんのお歌、

ものすごく雰囲気も音域も合ってていい。

上手いしかっこいい。

 

その後ろから大階段降りてくる男役さんたちが

なんであんなテンポ(超絶速い)なのかわからないけどでも好き。
後半にちなちゃんが少し歌うソロもかっこいいし、

その時にれこありおだでトライアングルになるのもいい。

 

初日の中継を見た時には、

なんだよこの振付はよエアロビかよ(酷)と思っていたのに、

いつの間にか癖になり結局大好きになり

今すぐまた見たくなってるから宝塚のショーは恐いよね。笑

 

 

デュエダン

今回は

れいこちなつあり&うみみちるじゅり

3組デュエダンでした。

 

私はこんな構成嫌いじゃないですけど、でもやっぱり、

トップコンビのお披露目作ってことを考えると

しっかりと2人だけで踊らせてあげたかったような気もしてしまう。

 

まーでも、リフト専科ありちゃんが

うみちゃんともみちるちゃんとも組んでて

そんな貴重な姿を見られたのは嬉しかったです。



あと、東京千秋楽中継では

れいこちゃんの特大ウインク
れこありのアイコンタクト

バッチリと映ってて、これも嬉しかったです!

 

 

パレード

 

エトワールはおだちん!!

基本的にはエトは娘役さんであってほしい派だけど、

これだけちゃんと歌えるスターさんならば

男役さんでもありかな、って思う。

おだちんは迫力もあって上手で素晴らしいエトでした!

おだちんと一緒に歌うのが

りりちゃん羽龍ちゃん

これがまた素敵だったんだけど、

東京では羽龍ちゃんの代わりに

私の大好きないちごちゃん(咲彩)で!

それもまた嬉しかったです。



嬉しかったといえばですね!

パレードのセンター降りで

みちるじゅりが一緒に降りてきたこと!

娘役さんだけの階段降り!最高!可愛い!

 

毎公演楽しみな娘役トップさんのお衣装だけど、

今回のうみちゃんのドレスも

ベージュイエローっぽい

組カラーでもあって落ち着いた素敵な色味で

裾も3段くらいのフリルになってて可愛くて

そこに大きな白い羽根を背負ってて

とっても似合ってたし可愛かったし

新しい月組のプリンセスの誕生だなぁと

微笑ましく思いました。

(ただお歌は高音パートすぎて可哀想だったよ)

 

 

れいこちゃんも本当に

「新・月のプリンス誕生」って感じで

ノーブルなお美しさに目玉焼きみたいな羽根が可愛くて

改めてお披露目おめでとうの気持ちでいっぱいになりました。

 

 

 

大劇場公演・東京公演共に千秋楽には

組替えを控えたありちゃんのご挨拶もありました。

しっかりとしたご挨拶を聞いて頼もしく感じると同時に

本当に月組からいなくなっちゃうんだなぁと寂しくも思いました。

 

 

大劇場の楽のカテコではれいこちゃんからありちゃんに

「思いの丈は東京にとっておく」というお話があって、

そして無事迎えたその東京楽のカテコではれいこちゃんが

ありちゃんについてとっても温かいお言葉を贈ってくれました!

 

「ありちゃんと作る舞台は本当に楽しい」

「上級生下級生の枠を越えて信頼できる関係が作れて嬉しい」

「昨日ありちゃんから貰ったお手紙に

 これからも仲良くして下さいって書いてあった」

「そんなの当たり前でございます」
「私だかじゃなくみんなでこれからのありちゃんを応援してる」

 

 

・・・あーもうれいこさん温かいよね優しいよね。

 

これでれこありが一緒に並ぶ公演最後とかほんとなの・・・???

ちょっとまだ信じられないんだけど?

 

 

そのあと月組恒例大ジャンプ」の掛け声も

「ありちゃんに」と言ってくれて

「えーいいんですか?」って言いながらも

(「もういいんですか?」「なんて言うんでしたっけ?」とか

 大分ありちゃん動揺してたけど笑)

月組ー!」って楽しそうに叫んだありちゃんでした☆

 



この公演、最初に観劇したのが1月上旬だったんだけど

ちょうど東宝花組さんや国フォの雪組さんの

公演中止が発表されたタイミングだったから

無事に幕が開いて自分が観劇出来ていることに

改めて感謝した公演でもありました。

 

 

 

以上!

 

 

近年最高レベルで感動したロマ劇

案外ハマってしまったFULL SWING!についてでした!

(これまた長文になりましたな・・ははは・・笑)

 

 

お次は「笑う男」についてを書きたいと思います!

M-useファンミーティング2022

頑張ってロマ劇についてを書いてる最中ですが

とりあえずお先にこちらを。

 

 

きほちゃんのFC「M-use」主催の

ファンミーティングに参加してきました☆

 

 

今回のファンミは宝塚&東京の2ヶ所で開催でしたが

私は東京のみ参加してきました。

 

 

f:id:CoCo7698:20220510104657j:image

 

 

先に開催した宝塚の方ではドレスだったということで。

 

「今日は白のパンツスーツか振袖か迷ったけど
でもより華やかな方を選びました!」

とのことで綺麗な青の振袖姿でのご登場でした。

 

可愛くてキラキラしてましたね。

 

 

あと、最初のご挨拶で

「今日は短い時間ですけれど、

 短いと感じさせないような・・・

 いや違うな?・・・短い!って思ってもらえるような

 そんな楽しい時間を過ごせればと思います!」

的なことを言っていて、そんなきほちゃんの考え方が

すごく好きだなーなんて思ったりもしました。

 

 

f:id:CoCo7698:20220510104707j:image

 

 

今回のファンミ、特に「レポ禁」だとは言われてないんですけど

あんまりあれもこれも流すのは違うと思うし、

でも今回参加できなかった方にも雰囲気が伝われば嬉しいし、

ってことで印象的だった点を少しだけ書いておきたいと思います!

 

 

まずね、退団してからの約1年のいろんな公演の

振り返りトークをしてくれてそれが在りし日のお茶会を

思い出してとっても懐かしかったんですけれども。

 

 

DS「espressivo

退団したらお衣装さんがいないから全部自分で手配しなきゃダメで
真っ先に妃海さんに相談したら

(「妃海さんいつも素敵なドレス着ていらっしゃるから」と)

それが大正解で素敵なお店を紹介してもらえたと。

お馴染みブライダルヒロさんですよね。

種類も豊富でいろんな要望に応えてもらえるって言ってましたね。

 

 

ドン・ジュアン
実は最初は(多分顔合わせとかに行くとき)

(いつもの宝塚の集合日とは違って)寂しさ9割だった。

主演がジャニーズの方なのもちょっと気構えてたけど

座長の藤ヶ谷くんはじめ素晴らしいカンパニーで

すぐに打ち解けられた。

(その他座談会のお話や役作りにコンクリート

 彫ってた話とかあれこれ)

 

 

甲斐翔真くんのコンサート
歌を合わせるお稽古は数回だったけど

熱いミュージカルトークを交わして打ち解けた。
ミュージカル界にお兄ちゃん的な存在はいるけど

(お名前が出たのは海宝さんや浦井さん)
でも弟はいないから「今日も頑張ってるかな?」

とか思ってしまう存在らしいです。

 

 

「笑う男」

悲しいラストシーンのあとに

幸せそうな2人を見せてくれる作品が好きとのことで

(例に出たのはロミジュリ)

だから「笑う男」も最後にグウィンプレンと一緒に

いられることがとても幸せだったと。

(デアにとって何より悲しいのは彼が側にいないことだと)

 

 

春野さんのトークライブ

リハで「エンターザレビュー」が流れた時に
オサさんがちょっと踊ってくれて、
だからオサさんの前でオサさんの真似して踊ったと。笑

(どうしても都合が合わず会場に来られなかった生田先生に

オサさんと歌った音源を送ったらそれを聞いて泣いてくれたらしい)

 

 

次回作「流星の音色」

宝塚時代にも見たことないような雰囲気のお役だそうで。

(話の感じ方からすると、いかにもなヒロインっぽい

お役なのかなーと思いました)

 

 

 

オフのお話や質問コーナーなどもあって

お悩み相談とかにもたくさん答えてくれたんだけど、

その中の「印象的なお誕生日は?」っていう質問に

「7月7日と言えば」っていうお話とかもしてくれた上で

「在団中の最後の誕生日」のお話をしてくれて。

 

お仕事で劇団に行ったら
咲ちゃんたち全ツ組がお稽古中で、

みんなでお祝いしてくれたこと。

そこに自分はお稽古はないのに

望海さんも来てくれて一緒にお祝いしてくれたこと。

きっと宝塚で過ごす最後のお誕生日だから、

って思い出してとっても嬉しそうなきほちゃんが

可愛かったです!

 

 

それぞれの公演のお話にはもっともっと

たくさんの裏話が盛りだくさんだったんだけど

このくらいにしておきます!

 

 

振り返ってみてあれやこれや反芻してるんだけど、

各エピソードトークを「皆さまご存知」で進めず

「宝塚って5つ組があるんですけどね」とか

「○組のトップ娘役だった〇〇さんていう方」とか

「私ね、〇〇だったんですよ」とか

古くからのファンはみんな知ってる事柄だったとしても

新しくファンになった方にもわかりやすくお話されてたのが

きほちゃんの気遣いや優しさに溢れてて素敵でした。

 

 

 

・・・こんなところですかね・・・

(もっと内容薄くする予定だったのにな)

 

 

今回は「ファンミーティング2022」ってことなので

これから毎年開催されたりするかなー?っていうひそかな期待。

1年を振り返っての各公演についてのトーク

とっても楽しかったし聞きごたえもあったから

恒例イベントになったらいいよね。

ほら、毎年7月開催とかでさ、

みんなできほちゃんのお誕生日お祝いしたりさ!

なんてことも思いました。

 

 

とりあえずは

初のファンミが東西共に無事開催出来て

本当によかったーーーー!!!

って心から思います。

 

 

きほちゃん、スタッフの皆さま。

本当ありがとうございました&お疲れ様でした☆

 

舞台『マーキュリー・ファー』

続きまして。

 

大空ゆうひさんご出演の

舞台「マーキュリー・ファー」

観に行ったお話。

 

f:id:CoCo7698:20220307140455j:image

 

「マーキュリー・ファー」

 

【作】 フィリップ・リドリー
【演出】 白井晃
【翻訳】 小宮山智津子

 

【出演】 吉沢亮 北村匠海
     加治将樹 宮崎秋人 小日向星一 山﨑光
     水橋研二 大空ゆうひ

 

【公演日程】

2022年

1月28日(金) ~2月16日(水)  世田谷パブリックシアター

2月19日(土)20日(日)     まつもと市民芸術館 主ホール
 2月23日          りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場

2月26日(土)27日(日)     兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
3月2日(水)         神戸文化ホール 中ホール

3月5日(土)6日(日)      刈谷市総合文化センター 大ホール
3月10日(木)11日(金)     福岡市民会館・大ホール

 

『マーキュリー・ファー』は、イギリスの劇作家フィリップ・リドリーが2005年に書き下ろし、

日本では2015年に白井晃の演出によりシアタートラムで初めて上演した作品です。
これまで白井が世田谷パブリックシアターで演出を手掛けたリドリーの作品は5作に上り、

いずれも斬新な劇場空間と、衝撃的な演出で高い評価と話題を呼びました。

リドリーは白井が最も触発される劇作家だと言っても過言ではありません。

その中でも『マーキュリー・ファー』はその他の作品と比べ、

より過激な表現、より挑発的なセリフが次々と繰り出される作風で、

極限状態に置かれた人間の残酷さが描かれています。

暴力と略奪がはびこる荒れ果てた世界であぶりだされる

人間の本質を世の中に鋭く突きつけるとともに、

生きること、愛することを渇望する人間の美しさが描かれた『マーキュリー・ファー』。

初演時には観客に大きな衝撃を与えました。

今回は劇場をシアタートラムから世田谷パブリックシアターへと移し、

およそ7年ぶりに再演いたします。
過酷な状況下で生きる兄弟役に挑む、吉沢亮北村匠海 を含め

魅力的な俳優陣の共演に、是非ご期待ください。

 

ストーリー
ボロボロの部屋に兄弟がやって来る。

パーティの準備にかかるが、そこに1人の男が突然顔を出し、

「バタフライ」が欲しいので手伝うと言う。

しばらくするとローラと呼ばれる美しい人物が現れる。

そしてもう1人、このパーティの首謀者らしき男と謎の婦人がやって来る。

彼らはパーティのためにそれぞれの役割を、

異常なほどの饒舌な会話を交わしながら行う。

やがて、パーティゲストがやってきて、パーティプレゼントが用意されるのだが、

パーティプレゼントの異変により、パーティは思わぬ展開に…

 

『マーキュリー・ファー Mercury Fur』 | 主催 | 世田谷パブリックシアター

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

2015年初演時に大変話題になった作品で

今回の再演も発表時から大きなニュースとなっていました。

 

そもそもフィリップ・リドリー氏の原作が

発表時から過激で暴力的な表現があることから

衝撃作扱いだったようですね。

 

 

私は疎いのでそんなあれこれは存じ上げなかったのですが

白井晃さん演出の作品にゆうひさんがご出演されるというのは

大変楽しみでありました。

 

 

で、実際劇場で拝見したわけですが。

 

 

感想は……書かない方がいい、

っていうより書けないっていうか

なんて書いたらいいかわからないんですよね…


私レベルでは咀嚼出来ないポイントばかりで。

 

 

そして今(2022年)のこの世界情勢で

この作品を見るっていうのはさぁ、もう…


食べるために縄張り求めて他民族と争ってた時代とは違って

現代の戦争はそれによって儲かる人が絶対裏にいるんだよねー。

なんてことも思ったり。

 

あと、決して他人事ではなく、

いつ自国に、自分に降り掛かってもおかしくない今、

自国の首相が大嫌いなAじゃなくて本当によかった、とかも思ったり。
それ以外の人は、Aよりマシの1点のみでも推せる。笑

 

 

まぁそんなことは置いといてですね。笑

 

以下、さらっとですが内容に触れております。

お気を付けて。

 

 

まず最初に登場するのは

吉沢亮くん演じるエリオット(エル)

 

続いて北村匠海くん演じるダレン

エルの弟

 

兄弟らしい2人が見知らぬ部屋を訪れて

何やらパーティーの準備をするらしい

 

最初はしばらくこの2人の場面なんだけど

暗くてセットもよく見えないし

台詞も実はよく聞き取れない

 

 

2人が舞台演技に慣れてないからかなぁ、

それとも私が設定を理解出来てないからかなぁ、

なんて思いながら場面が進んでいきました

 

 

 

吉沢くんエルは温度低めでスタートしたけれど

ラストには素晴らしい熱演で。
後半は感情が昂っても台詞が聞き取れるようになってた。


大河ドラマ終わりで挑んだのがこの作品て

ものすごい挑戦だと思うけど、

素晴らしい役者さんだなと改めて認識。

私は完全にエルに感情移入して見てた。

 

 

対する匠海くんダレンは

最後までぴゅあぴゅあだった。

可愛い。愛しい。

さすが歌い手だけあって透明感のあるいい声。

そして初舞台だなんて思えない居住まい。

 

 

www.instagram.com

 

 

次に登場するのが小日向星一くん演じるナズ


「バタフライ」をいつも使ってて

それをエルから買ってる子


ストーリーをかき回す子

 

ナズもパーティーの準備に加わるんだけど
そこに楽しさは感じられない

 

しばらく意味のわからない会話が続くけど

最初に設定が説明されず少しずつわかってくるから
聞き漏らさないようにするにかなりの集中力を要する

 

「バタフライ」はどう捉えたらいいのかな

私は一種の幻覚剤みたいなものだと認識してました

 

 

この小日向くんがね、ナズがね

とっても印象に残りました。

まず第一に上手かったし

このナズっていうキャラクターが本当に

愛すべき存在で。

前半は仲間になってパーティーの準備してたり

ダレンと仲良くなって男子トークしてて

だんだんと愛着のわいてきた彼が

後半で新しいターゲットにされて被害に遭っている姿、

悲鳴を上げて逃げ惑う姿に目を背けたくなってしまった。

同じようにエルとダレンも苦しかったと思う。

でも、じゃぁ自分が代わりになるか?っていうね。

それ以外に選択肢はないわけでね。

ごめんね、ナズ・・・ってみんな思ってたよね。

 

 

 

次の登場はローラだったかな?宮崎秋人くん

 

パーティーの準備にくる。

あ、この子は仲間なんだね、っていうね。

 

とっても綺麗な男の子で、エルの恋人。

自分の理解度の低さの問題だと思うんだけど、

ローラの性別をどう理解したらいいのか最後までわからなかった。

宮崎くんの性別の通り、男の子でエルの恋人っていう

そのまんまの解釈でいいのか、

それとも男の子が演じているだけで女の子の役なのかな?

ま、いっか。どっちでも。

 

ローラの役割は「パーティープレゼント」を

飾り付けることなんだけど、

その「パーティープレゼント」がローラの連れて来た

生身の人間なんだから不穏さが増すよね。

飾り付けるっていうか、

着替えさせてヘアメイクとか?そういった準備。

 

 


「パーティープレゼント」役は山﨑光くん

 

プレセント役、ってさ、何?って感じだよね。

もういろいろおかしいんだよ。

人をプレゼント=物扱いするなんて

安っぽい二次小説の「プレゼントはあ・た・し」っての

くらいにしといてほしいんだよね。

 

っていう怒りがふつふつと込み上げる。

 

まぁでも彼はプレゼントにされるために連れてこられたんだよね。

さっきからみんなが口々に言ってる

「パーティーゲスト」って言う人のために用意されたんだよね?

 

 

www.instagram.com

 

 

 

続いて「パーティー会場」に現れるのが

スピンクス役加治将樹さん

お姫様役ゆうひさん

 

スピンクスはローラのお兄さん。

 

この加治さんのね、

安定感が半端なかった。


かっこいいし上手いしさ。
物語のラストへ向かって

暴力的で激しい面もあるけれど

兄弟のことも妹のこともお姫様のことも、

みんなまとめて包み込んでくれているような

そんな温かさとか包容力を感じさせる役だった。

 

いろんな意味で「普通」じゃ生きていけない世界

「狂ったこと」しなきゃ生き残れない世界で

どうやったら自分たちが死なずにすむのかを考えて

多少力づくでもみんなを引っ張っていってくれる。

 

 

パーティー会場に見知らぬナズがいて、

兄弟(ダレンだけだったかな?)から

仲間に入れたいって言われた時のスピンクスの

 

 

ピラミッドの中のどこにファラオがいるのか

その位置はわずか数人しか知らない

でもその数人はファラオと一緒に埋められる

そういうことだ

 

っていう話がなぜだかすごく心に残って。

 

知ったからには逃げられない。

知るとはそういうこと。

 

パーティーの準備にナズを参加させるってことは

もうナズもそれから逃げられなくなるってこと。

 

結果としてパーティープレゼントが

プレゼントとして使えなくなって代わりに

ナズがプレゼントとして差し出されることになるんだから

あの時のスピンクスの言葉はその通りだった。

仲間に入れなければナズは被害に遭わなかった。

 

ってことだよね。

 

で、パーティー開始前にそんなやり取りがあるから

これから開催されるパーティー

かなりヤバいものだってドキドキするよね。

 

 

 

お姫様のゆうひさん。

みんなから「お姫様」って呼ばれてるの可愛い。(←ファン笑)

 

今日はこれからお姫様も来ると聞いて動揺する兄弟。

 

ダレンがパーティーの準備で薔薇の香りを撒くんだけど

それはお姫様が来るって知らずにしてるんだけど

後から想定外に現れたお姫様がその香りを喜んでるの可愛かったね。

 

 

私は事前情報でゆうひさんの演じるお姫様が

「兄弟の母」であることは知っていたけれど

お姫様が遠い意識の中にある息子のことを語り、

そしてダレンが幼き頃の母の記憶を語る。

ここで関係性がわかるようになってるんだね。

 

でも、私が大切な台詞を聞き逃しただけなんだろうけど

この母息子とスピンクスたち兄妹との関係性は掴めなかったな。

ただ単にエルとローラが恋人同士だからだったのかな?

 

ゆうひさんのお姫様は、もう視線の定まってない感じが

ヤバい人のそれで、そんなとこも巧いよなぁと思ったり。

声色が程よい中音なのもいいんだろうな。

「バタフライ」によってもう誰が誰だかわからなくなってるんだろうに

ずっと「パパ」を探し続けていて、その「パパ」を呼ぶ声が

すごく耳に残ってるし、「パパ」を求めるたびにスピンクスが

それに応えてあげるの優しいけどちょっと共依存なところもあるのかな。

(スピンクスは誰かに頼られることへの快感、的な)

 

あとね、もうほぼ廃人ぽくなってても

記憶は曖昧になってても

息子への愛情は彼女の中にしっかり残ってるんだな、って

思えて、嬉しさと哀しさが同時に押し寄せて来た。

たとえ目の前にいるのが息子だと認識できてなくてもね。

 

 

www.instagram.com

 

 

で、最後に登場するのが

パーティーゲスト役水橋研二さん

 

間違いなく1番ヤバい人。

ヤバヤバのヤバ。

 

こういう人がいるんだよね、実際。

 

水橋さんのヤバさとキレ方、

とんでもないけど素晴らしかった。

 

お金も権力もあって、

だから自分のためのパーティーを開催できる。

彼の元には情報も集まって来る。

パーティーの開催を早めたのには理由がある。

早く逃げないといけないことを彼は知っている。

 

スピンクスたちはパーティーゲストに

言い方悪いけどすり寄ってるおかげで

情報のおこぼれをもらえる。

それがなきゃこのままこの街にいて

きっとそのまま何が起きたのかわからないまま

死んじゃうよね。

知ってる人たちだけが逃げた後のこの街で。

 

 

バタフライ的なものが人を狂わす世界。
戦争によって退廃した世界。


それによって得をする誰か
金で自分の欲望を叶えられる人
それをして生きている人
それに従わないと生きていけない人



クライマックス

 

爆撃音や発射音が響き渡り

血まみれになって逃げ惑う人や

殴り合う人

罵り合う人

 

 

なんだかもういろいろと重くて辛くて

心が深く沈み込んでいく

 

 

そんな中救いだったのはいくつかの美しい場面

 

エルとローラ、

スピンクスとお姫さまがキスを交わす場面

 

 

そして

ラストの兄弟2人の退廃的な美しさ

 

 

あの兄弟の未来はどうなっただろう

解釈は何通りもあるんじゃないかと思う

 

でも、私は、少しでも光を感じる未来であってほしい

 

彼らはどこかで生きてる

肩を寄せ合って、でも力強く

 

そう、思いたいです

 

 

www.instagram.com

 

 

 

まぁしかし。

ゆうひさんを追っていると

自分から積極的に選ぶことはないであろう作品を観劇する機会が生まれて

それがまた面白かったりもしますよね。

 


私が次にゆうひさんの舞台を観られるのはお勢断行だけれども、

それもまた楽しみになりました!

 

 

 

以上、「マーキュリー・ファー」観劇メモでした。

 

 

お次は月組さんの「ロマ劇」「FULL SWING!」について!

 

「王家に捧ぐ歌」@御園座

続きまして、2月に御園座で拝見しました

星組公演「王家に捧ぐ歌」について!

(なんとか次の公演の初日前に滑り込み・・・)

 

こちらも初日からしばらくの公演が中止となり、

無事幕が上がるのか心配されましたが

私も幸運にも後半日程のチケットを抑えていたので

観劇することが出来ました!

 

2年前、月組さんの「赤と黒」以来の御園座観劇でした☆

 

 

 

グランド・ロマンス
『王家に捧ぐ歌』
-オペラ「アイーダ」より-
脚本・演出/木村 信司
ヴェルディのオペラとして有名な「アイーダ」を、

宝塚バージョンとして新たな脚本、音楽で上演した『王家に捧ぐ歌』。

古代エジプトを舞台に、エジプトの若き将軍ラダメスと

エジプト軍に捕らえられ奴隷となったエチオピアの王女アイーダとの悲恋を、

荘厳な音楽に乗せて華やかにドラマティックに描いた本作は、

2003年星組での初演が絶賛を博し、第58回芸術祭優秀賞を受賞致しました。

2015年宙組での再演も好評を得たミュージカル大作が7年振りに宝塚歌劇の舞台に登場。

ビジュアルを一新し、礼真琴を中心とした星組がお届けする『王家に捧ぐ歌』の

新たなる世界にご期待ください。

 

出演:礼 真琴、舞空 瞳 ほか

     ※2月8日~17日11時まで公演中止

 

星組公演 『王家に捧ぐ歌』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

いやーやっぱりね、
礼真琴さまは最高でございました


そんなの今更なんですけど
まず第一声はこれにつきますね。
どんどん領地を拡げてますわ。 


そして

ひっとんがまたとんでもなく可愛い


これもまた今更なんですけどね、
可愛さもマシマシなんだけど
それに加えてめちゃめちゃ歌が上手くなってる。

 

 

礼ラダメスと舞空アイーダによる

「月の満ちる頃」のデュエットは

力強い役柄の中にある甘さが存分に漂っていて

素晴らしい場面。

 

あと、「世界に求む」かな。

2人が少し離れた場所で掛け合う場面も

そんな物理的な距離なんてものともしない

歌のシンクロ具合で、

あーもうこのコンビもそれだけの作品数を重ねて来たんだなぁ

ってちょっと感動。

 


本当に見応えがあるというか、
「いいものを見た」という満足感を多分に与えてもらえる
素晴らしいトップコンビだと思います。

 

 

 

さて、今回のこの「王家に捧ぐ歌」という作品。
私は大昔に初演を映像で見て、
瞳子アイーダが可愛くて可愛くてそして上手くて最高だなって思って、
でも実はほぼそれしか覚えていなかった作品なので(超絶失礼)
お話の流れもあんまり頭に残ってなくて
でもそのおかげでどの場面も新鮮に見られました。


ちなみに私の記憶にある瞳子アイーダの歌声は
ひっとんアイーダよりも裏声で高かったような気もします。

 

今回の再演は上演が発表になった時に
「ビジュアルを一新し」と謳われていていて
しかも解禁になったビジュアルが↑↑↑なわけで(笑)
ヅカヲタ界隈は大分ザワザワしましたが
私個人的には何の違和感もなくすんなり受け入れられました。

 


まぁ礼ラダメスさまが白い革ジャンに刀を肩に担いで
段上に背中向きで登場した時には
「どこのヤンキー映画だよ?!」とちょっと笑えてしまったのは
確かなんですが。

 

 

 

こっちゃんのラダメス

今になって(4月ですよ笑)思い返してみても

本当にかっこよくて、
もう歌もダンスも芝居も素敵だった。

 

国を思いファラオを敬い、
仲間との絆も大切にし、
でもそんな中でも誇り高きアイーダに出会い惹かれていく。
そして世界に平和を求む。


敵国の王女を愛してしまったからこそ、
これ以上の争いで憎しみの連鎖を生まないように、
命を賭して最期まで平和への道を求め続けた。
信じられないくらいこれ以上ないほどのヒーロー。

 

「あなたを~愛している~」

と、アイーダに歌いかける場面の

かっこよさといったら半端なかったですわ。

 

 

「世界が果てる日まで

戦い続けるのでしょうか・・・」

と訴えながら地下牢へ沈んでいく

その姿その歌声に本当に胸が苦しくなる。


芝居が上手いのはもちろんのこと、
歌が上手いことによってよりその芝居の悲劇性というか
ドラマチックさが増す。

 

 

(しかしあの地下牢の場面の照明は

さすがに暗すぎだったのでは・・・・?

確かに暗闇の恐ろしさは増しますけど、

客席からよく見えないレベルでは本末転倒では・・・?

私、1階席だったしそんなに後方でもなかったですよ???)

 

 


対するアイーダのひっとん
これがまた強く誇り高いヒロイン像が似合ってていい。


捕虜となって敵国へ捕らえられていても
王女としての誇りを失わない気高い姿が尊い

母国エチオピアを思う気持ちは絶えず胸に抱きつつも
敵国の将軍ラダメスに心惹かれ
愛されることに喜びを隠せない乙女心が可愛い。

 

ひっとんはお歌も十分上手だけど、
でも歌声は少し細いかなぁとも思うことも時折あって、
でもこのアイーダの曲はこれまでのひっとんよりも
少し低音だったのかとても歌声に強さがあって
かっこよくて素敵だった。
歌っているときの表情に力があったのもよかった。

 

 


この舞空アイーダ兄ウバルド極美くんていうのが
もうたまらん神配役でしたね。
まず頭身バランスからして兄妹であることの説得力がすごい!
極美・舞空兄妹が言い争ってる姿なんて
物騒なお話しててもなんか可愛くなっちゃいました。笑

 

私は極美くんはビジュアルがまぁ好みど真ん中なんですが
お歌もお芝居も本当に頼もしくなってきましたよね。
王の息子として生まれた自らの宿命に真っ向から挑み続けて
散っていった潔さが鮮やかでした。
今年はバウ主演も控えてますしますます楽しみな男役さんですね。

 

 

エジプト側の、ラダメスの戦友的なポジションは
天華のぴーちゃんと天飛くんでした。


ダンサーぴーちゃんには凱旋場面の見せ場がありましたね。


そしていつも上手で私の大好きな天飛くんは
こっちゃん・ぴーちゃんとお仲間でしたけど、
今回も学年差を感じさせない良き貫禄でした。笑
そして本当に毎回上手いのよね。

 

極美くんとはまったくタイプが違うから
2人揃ってこれから星男としてどんな風に成長していくのか
こちらも本当に楽しみな存在ですね。

 

 

私はキャラクターとしてはアムネリス

どうにも好きじゃないんだけど
(先に自分が嫌がらせしといて後から偽善者ぶるのが嫌い)
くらっちは上手だったねー! 
圧は弱めだったけど、誇り高さが美しかった。

ふわっふわほわっほわのカウチにいらっしゃる

アムさま可愛くて好き。

 

こんなくらっちみたいないわゆる「娘役2番手」的な存在がいると
組の層の厚さが増すしそれによって作品の出来もぐんとよくなる。

 

「ファントム」を上演するときのカルロッタ、
オーシャンズ11」を上演するときのクイーンダイアナ、
「PUCK」を上演するときのタイテーニア、
とかが出来る娘役さん。これ重要だよね。

 

 

そんなアムネリスさまを囲んでいる女官ちゃんたち
みんな最高に可愛いかったー♡
特にスゴツヨがにじょはなるりはなとか好みすぎる。
可愛い。
りらちゃんと美蘭ちゃんは小さかったけど
あとみんなびっくりするくらい大きくて! さすが星娘!
蒼羽陽ちゃんより大きくて
彩園ひなちゃんレベルに大きい子いたんだけど誰だろう?


みんな女官の吊り目メイクをそれぞれ工夫してて綺麗で最高だったな。
アムネリスさまのナンバーの間ずっとオペラで
下手から上手、そしてまた下手、って女官ちゃんたち見てうっとりしてた。 笑

 


対してエチオピアの女たち

揃いも揃って歌える女役さんばかりで。 
なっちゃんいーちゃんをはじめ
希ちゃんや優奈ちゃん、七星さんもいたかな。 
少数精鋭でこれだけ揃えられる層の厚さがすごい。

 

 

上手くてさすがと言えば!
ファラオのまりんさんが本当に素晴らしかった。


ファラオのお言葉が兵士国民たちへの伝令のように
客席にもしっかり伝わって、でもそれってとても大切だと思う。
あと、私の個人的な印象としてはとっても愛に溢れた
大きく優しいファラオだった。
娘のアムネリスはもちろん、エジプトのことも
ラダメスたちのこともものすごく大切に思ってくれているような王だった。
これがまりんさんの役作りによるものなのか、
それともご自身のお人柄が滲み出てしまってるのかはわからないんだけど。


 
1幕はあまり出ないアモナスロの輝咲さん
登場があまりにもかっこよくてうっかりときめいた。 笑
輝咲さん好きなんよねー以前から。


輝咲さんのアモナスロはまず何よりもエチオピアが大事。
でもなんていうか「俺の国感」が半端なかった。
国民も兵も娘も息子も、俺の国を守るための駒として使って当然とでも言うような。

 


この2国の王の対比も面白かった!
事実だけで言えば、エチオピアはエジプトから攻められた側で
捕虜として捕らえられているんだからどちらかといえば「被害者」
でもかといってエジプト側のみが悪かと言えばそうでもない。
どちらの内情ものぞいてみれば、

私にはファラオの方が王としての器に相応しく見える。

 


作中でアイーダ
「どちらが勝とうと

 どちらが負けようと

 争いは続いていく」

と歌っていて、
私は初演の瞳子アイーダもここが大好きだったんだけど
これが本当にその通りで
どちらかを正義にどちらかを悪に描くことなく、
争い自体が悪であって、一方が他方を統治下に置いたところで
決してこの連鎖は終わらない。


国を超えて身分も敵味方も超えて
愛を貫き命尽きるまで平和を訴えたラダメスとアイーダの姿に、
アムネリスを始めとした残された両国の国民たちが
心打たれると同時に、観客も心打たれる。

 


ここは原作であるオペラ「アイーダ」の持つ
作品の力が大きいのかもしれませんね。

 

 

エチオピア軍とエジプト軍で戦争が始まった時、

アイーダは祖国の未来とラダメスの無事という相反する両方を願い

そのことで自らを責める場面があるんだけど、

これ、この2つが両立しない状況、

どちらかしか選べない状況がそもそもおかしいんだよ、

って必死に祈るアイーダの姿を見てなんか腹立たしいくらいの

気持ちになった。

 

あと、ラダメスってなんだか信長みたいだなーとも。

なんていうか、世界に平和をもたらすためには

まず強い何者かが上に立たねばならない、

だからそのためには、それが実現するまでは

戦いもやむを得ない、みたいな思想が。

 

 

そこからラダメスは、

たとえどんな争いでもNOだと訴えるようになるのがであって

争いのない新しい世界へ愛と共にと願って果たせず散るのがなのかな。

 

とにかくよくできた素晴らしい作品。

 

 

そして今回のこの星組

ソロ歌のレベルも高いけど

(いや高いからなのか?)
総じてコーラスがよかった!
どのナンバーも迫力も厚みもあってすごくいい。
歌ウマトップに引き上げられて
歌ウマ管理職が上手くまとめてるんだろうな、と思う。
素晴らしい。

 

歌声といえば各場面で神官・遥斗くんの歌声が

なんとも気持ちよく響いてて最高だった。

(最後にこれはどうしても言いたかった笑)

 

 


いやぁぁぁでもしかしさぁぁぁ・・・

 

フィナーレナンバーはさすがにセンスなさすきでは…?


世界観酷くない? 笑

 

 

ロケットちゃんたちなんかギラギラしてるし
こっちゃん突然のトレンチだしどうなってんの? 


そんな中、夏の海のバカンスすごつよひっとんも
デュエダンのまとめ髪deコーンロウなひっとんも
天才的な可愛さだったから間違いなくあの子は天才!

 


ラインダンスの最前列にるりはなと美蘭ちゃんが並んで降りて来て、
その並びの可愛さにそれ以外すべて吹っ飛んだんだけど
1列に並んだ時るりはなが最上手で再び吹っ飛んだ。
まさかの美蘭ちゃんより小さいの? うそ? マジで?
るりはな大きい目だと思ってたよ勝手に!

 

男役さんは長身の方が好きなので

申し訳ないことにこれまであまり注目してなかったのだけれど、
天寿さんの黒燕尾の動きの美しさに視線を奪われてしまった。 
(とうとうみっきーさんもご卒業ですね。寂しいです)

 

あと本編ではなかなか目立ちどころがなかったしもちゃん(夕渚)
群舞で最前列にいたりして嬉しかった! 
やっぱり踊るしもちゃんはとてつもなくかっこいいねー!

 

 

 

 

トップコンビが揃ってあれだけ歌えるってのは本当に素晴らしいよね。
ダンサーコンビだっていうのにね。

 


三演目にして真ん中が3人とも歌えるの初なんじゃない?(こら)

ラダメスなんて上演を重ねるたびに歌ウマになってるよね?(黙れ)

スカピンのパーシーと逆だね! (黙れーーー!!!)

 

 

 

以上!「王家に捧ぐ歌」メモでした!

(生観劇だと配信よりもぐっと分量少なくなりますね)

(配信だとメモ取りながら見てるからね笑)

 

 

お次は「マーキュリー・ファー」かな?