はじめまして。(自己紹介の代わりに)

さて。 記念すべき初めての投稿ですね。
 
ざっくりと自己紹介という名のファン歴紹介でも。
(ご贔屓様それぞれについてはまた詳しく&熱く語ります。多分。)
 
宝塚に出会ったのは中学生の頃。
中学で同じ部活になった友達が宝塚の大ファンで。
彼女の熱い宝塚語りを聞いているうちに、 どうやらベルサイユのばらを上演したらしいと知る。
(ちなみに彼女は杜けあきさんのファン。)
アニメのベルばらがなんとなく好きだったので、 試しにビデオを借りて見てみることに。
 
 
ここでオスカル様を演じていらっしゃったのが、 涼風真世
これが運命の出会い。 私と宝塚の20年に及ぶお付き合いのスタートでした。
カナメ様(涼風真世さんの愛称)にだだハマりしたものの、
その時すでにトップスターさんであった カナメさんはしばらくして退団
 
 
そんな頃に、私の心をガッチリと掴んでいたのが、 風花舞
この方は我が一生の、最大の、偉大なる、最愛の、憧れの、ご贔屓様。
もちろん、現在進行形で絶賛応援中!!
優子ちゃん(風花舞さんの愛称)の退団で 燃え尽きたので、しばらくは宝塚離れ。
お付き合いで時々観劇するものの、 新しいスターさんたちにも段々と疎くなっていく。
 
 
そんなこんなで数年経った頃、
月組の下級生で結構お気に入りだった男役さんが なんとトップスターになると!
これは!観にいかなくては! と、久々に出向き、
あまりに素敵なスターさんになっていて、
すっかり宝塚の世界に連れ戻してくれたのが、 大空祐飛
ゆひたん(私は大空さんをこう呼ぶ)も トップさんになられていたので、
数年で卒業の時を迎えた訳ですが、 優子ちゃんの卒業の時と違って、
『やっぱり宝塚って楽しいなぁ~ これからも少しずつ観ていこ~』 なんて思えたんですよね。
(ちなみに、優子ちゃんのご卒業時は、 この世の終わりかのような落胆具合でした。笑)
 
 
そして、ゆひたんをお見送りすべく通った 公演で出会ってしまったのが、
現在の贔屓と呼ぶべき、 真彩希帆ちゃん
2014年5月現在、研3になったばかりの希帆ちゃん。
私の長いファン生活が、また始まってしまうのでしょうか(^_^;)